エルトゥールルの奇跡


 1890年9月、和歌山県串本の紀伊大島沖でトルコ軍艦エルトゥールル号が台風で難破し、587名の乗組員が死亡、または行方不明となった。しかし、同島の樫野地区の村民たちが懸命に救助活動をおこない、「69名」のトルコ人の命が救われた。

 海岸にうち上げられた瀕死の乗組員を背負って崖をよじ登り、近くの寺に運んで懸命に救命措置を施した村民は、それぞれの家からわずかに蓄えていた食糧を持ち寄り、乗組員に食べさせた。必死の介抱が69名のトルコ人を大惨事から「生還させた」のである。

 この遭難事故に心を痛めた明治天皇が、犠牲者を手厚く葬り、生還者をトルコに送り届けることを指示したことで、国民から一挙に多額の義援金が集まることになる。日本の軍艦「金剛」と「比叡」によって、無事、本国に送り届けられた生還者たちは、日本人が自分たちにやってくれたことを伝えた。それがトルコの人々の胸を打ったのである。

 その後、日露戦争で日本が勝利し、露土戦争で長くロシアに苦しめられてきたトルコの人々は、日本への尊敬を増していく。そんな日本人へのトルコ人による感謝が具体的なかたちとなったのは、実にそれから「95年後」のことだった。

エルトゥールル号の生存者をトルコへ送り届けた日本海軍の「金剛」(明治23年頃、齋藤義朗さん提供)
エルトゥールル号の生存者をトルコへ送り届けた日本海軍の「金剛」(明治23年頃、齋藤義朗さん提供)
 1985年3月、イラン・イラク戦争が激化し、イランの首都テヘランに連日のように空襲がおこなわれる事態となった。

 さらに3月17日に、イラクのサダム・フセイン大統領が、イラン上空を「戦争空域」に指定し、「48時間経過後、イラン領空を飛ぶものは、軍用・民間を問わず、すべて撃墜する」と宣言。テヘランに駐在していた外国人はパニックに陥るのである。

 欧米各国は次々と救援機を派遣し、自国民の救出にあたった。だが、日本から救援機は来なかった。

 この時、伊藤忠の森永堯・イスタンブール事務所長が長く親交を結んでいたトルコのオザル首相に頼み込み、トルコ航空の救援機派遣を実現する。それは、トルコ航空のパイロットやスチュワーデスが戦下のテヘランに「志願」して飛ぶという「時を超えた恩返し」に繋がっていく。

 テヘラン在住のトルコ人と、200名以上の邦人が待つメヘラバード空港に2機のトルコ航空機が派遣され、邦人が救出されるのである。

 拙著では、妊娠していたスチュワーデスが、エルトゥールル号遭難事の時の恩義を日本人に返すために妊娠の事実を誰にも告げずに飛んだエピソードも紹介させてもらった。

 このエルトゥールル号遭難事件とテヘランからの邦人救出劇は、日本とトルコの歳月を超えた友情として、今も語り継がれているのである。