新幹線の開業後に生じる新たな移動需要の具体例を挙げよう。それは結婚式だ。東京で行われる結婚式に対し、関東以外に在住する親類や知人を招待する範囲を端的に言うと、新幹線が通っている場所であろう。東海道新幹線の開業前には関西での結婚式に関東の人が招かれることはほとんどなかった。私事ながら、関東在住の筆者も北陸新幹線開業直後に長野市内での結婚式に招待されたことがある。この3月26日に予定されている北海道新幹線の開業以降、函館で執り行われる結婚式に首都圏や東北地方在住の人が招待されるケースは間違いなく増えるはずだ。

 人々の移動に関しては万能に見える新幹線にもできないことがある。現時点で新幹線は貨物を運べないため、物流の担い手にはなり得ないのだ。

 どの地域も「新幹線が開業すると大都市圏から多くの人が訪れ、それに企業も進出して大いに発展する――」と開業効果を見込む。前半部分は間違っていない。いままで述べたように、移動者数の増加は「新幹線マジック」としか形容せざるを得ない現象によってもたらされる。しかし、後半部分は場所にもよりけりで、一定していない。成功例のほうが少ないと言える。

 企業の進出と完全にリンクしているとは言えないものの、新幹線の開業による経済波及効果を図る意味合いで、物流の変化の度合いを、例によって関東対青森県、関西対熊本県とで表2にまとめてみた。サンプルが少ないながら、表2を見る限りでは新幹線の開業は物流には影響をもたらさず、それどころかむしろ貨物の輸送量は減少している。
 北陸、東北、九州の各整備新幹線の開業後に関係者に話を聞くと、一様に同じことを言う。大勢の観光客が押し寄せて名所、旧跡は芋の子を洗うような状況になった反面、新たな産業が勃興するケースは少なかったと。ただし、ストロー現象によって地域の経済力が大都市圏に吸い取られるといった事態は事前の心配をよそにあまり起きていない――。以上の発言が新幹線のできること、できないことを如実に物語っていると筆者は考える。その理由はと言うと、航空や自動車と異なり、新幹線が旅客の移動に特化した特殊な乗り物であるからだ。
九州新幹線全線開業1周年記念の出発式。熊本行き「つばめ」の発車の合図を送る女優の村川絵梨さんら=2012年3月17日、JR博多駅
九州新幹線全線開業1周年記念の出発式。熊本行き「つばめ」の発車の合図を送る女優の村川絵梨さんら=2012年3月17日、JR博多駅
 今後も新幹線の整備は続けられる。いまのところは北海道新幹線の新函館北斗-札幌間と北陸新幹線の金沢-敦賀間、九州新幹線西九州ルートの武雄温泉-長崎間が建設中、敦賀-大阪間の建設も時間の問題であり、他の区間も建設されるかもしれない。他方、新幹線の建設費の有力な財源となる国や地方の財政事情は悪化の一途をたどり、好転の兆しは見えない。いかに新幹線の開業で多くの人が移動するようになるからといって、従来よりもさらに多くの経済波及効果が得られなければ建設は非常に困難だ。

 いま挙げた理由から、これからの新幹線は新たな役割を果たさなくてはならない。それは並行する在来線が果たしていたすべての機能の置き換えだ。

 既存の新幹線は並行在来線の機能のうち、長距離旅客の輸送だけを引き受け、先に述べたように貨物の輸送をはじめ、近距離の通勤、通学客の輸送は肩代わりしてこなかった。莫大な建設費を要する新幹線であるから、今後は在来線をそっくり置き換えるほどの能力をもたせなければ無駄が多く、経営上も成り立たないとさえ筆者は考える。

 新幹線が貨物を輸送するに当たり、既存の新幹線にも物流拠点を建設するケースが生じるかもしれない。近距離の輸送を実施するには、現在よりもはるかに多くの駅を設置する必要が生じる。そうした困難を乗り越えてなお、新幹線を整備すべきと判断された区間であれば、2020年代以降の日本にあっても立派に役割を果たし、地域にとって大きな力となるであろう。