また、彼女は、自らの女性器の3Dデータを納めたCD-Rを頒布した罪でも起訴されていますが、これもデータ単体で頒布したわけではなく、彼女が制作したボートのミニュチュアを購入した人におまけとして付けたものにすぎません。

 こうした彼女の作品は創作活動がアートとして評価されていることは、著名な美術専門家の証言や意見書によって明らかになっています。そのことからしても、彼女のデコまん作品や女性器のデータの性的刺激は相当に緩和されているといえるのであり、到底「わいせつ」と言えるものではないのです。

東京地方裁判所=東京・千代田区霞が関
東京地方裁判所=東京・千代田区霞が関
 東京地方裁判所は本日5月9日の判決で、デコまん作品については「女性器を象ったものとしても、直ちに実際の女性器を連想させるものとはいえない」「ポップアートの一種であると捉えることは可能」「女性器というモチーフを用いて見る者を楽しませたり、女性器に対する否定的なイメージを茶化したりする制作意図を読み取ることはできる」「このような意味での芸術性や思想性、さらには反ポルノグラフィックな効果が認められる」とした上で、性的刺激が緩和され、わいせつ物に該当しないと判断していますが、至極当然の判断です。

 他方で、3Dデータについては「女性器等の形状がリアルな造形により露わなまま再現されており、その表現の生々しさからすれば、閲覧者の性欲を強く刺激することは否定することはできない。」「データ自体からは、プロジェクトアートないしプロセスアートとしての芸術性ないし思想性を直ちに読み取ることはできず、芸術性や思想性による性的刺激の緩和の程度はさほど大きくない」としていますが、実際に3Dデータを再現してみて受ける印象は「生々しい女性器」とは程遠いものですし、プロジェクトアートとしての創作活動の芸術的価値を過小評価するものと言わざるをえません。

 今回の判決では、デコまん作品の展示については無罪、女性器の3Dデータの頒布については有罪と裁判所の判断が分かれました。しかし、裁判所は女性器をデフォルメしているから無罪、精巧に再現しているから有罪と言っているに等しく、表現の自由を軽視し、短絡的思考に陥っているものと思います。

 本日直ちに控訴をしましたが、まさに性欲を刺激する目的でしかない性行為を撮影した無修正エロ動画や女性器を精巧に再現したとパッケージにもうたっているオナホールが巷で氾濫する中で、何故、彼女がプロジェクトの過程でスキャンして作成した3Dデータがわいせつであり、その頒布行為が処罰されなければならないのか。改めて控訴審で、強く訴えていきたいと思います。