古舘伊知郎が開き直った!


 女史 先月号で高市早苗総務相の偏向テレビ局に対する「停波」発言について「テレビは放送法の規制を受ける業者だから、偏向すれば停波も当然だ」って話で盛り上がったでしょ。だけど正論常連の潮匡人さんがサンデー毎日4月3日号で「彼女は真の保守ではない」という見出しで批判してたよ。正論が分裂してんじゃん。

 編集者 あれはサンデー毎日編集部が見出しと文章の技巧で、潮先生を反高市、反安倍に見せたんですよ。よく読むと、潮先生は「もし安倍さんや高市さんが考え違いをしているなら…」と仮定の話としてコメントしているし、「保守派は言論の自由に鈍感」という考えについて「正統的な保守に対する見方としては明らかに誤解」と言っているだけ。「高市さんは保守ではない」とは言ってない。

 先生 編集者は潮をかばいたいんだろうが、結局、彼は左派のサンデー毎日にうまく利用されてるじゃねえか。ところで、高市批判をしていたTBSの金平茂紀が3月31日付で執行役員をやめさせられたの知ってるか。金平はハフィントンポストで理由を聞かれても「会社の人事ですから、その質問をする相手は、僕ではなく、会社でしょう」と、木で鼻をくくったような答えをしていたし、小川榮太郎たちの公開討論の呼びかけにも、会社を通じて「金平氏はお受け致しませんとのことです」と答えるだけ。逃げてばかりだな。

 編集者 テレビ朝日系の報道ステーションを降板した古舘伊知郎さんは最後の放送で「情熱を持って番組を作れば、多少は番組は偏るんです」と開き直りともとれる発言をしていましたね。

 教授 こういうのをイタチの最後っ屁というのでしょうね。左派系マスコミが、政権の圧力で降板したんじゃないかと騒いでましたが、実際は、ネットで批判を受けたのが最大の原因だと思いますよ。かつてはテレビ局も番組への苦情も聞き流せましたが、現代ではネットで批判が拡散するから、無視できなくなっているんですね。

国谷裕子氏
国谷裕子氏
 先生 最後といえば、NHKのクローズアップ現代では、キャスター国谷裕子の最後の放送で、SEALDs創設メンバーの奥田愛基をVTR出演させていた。反安保法制で大騒ぎした学生さんで、ラストを締めくくるなんて、番組の本性がよく分かるよ。

 教授 国谷さんは左翼論壇誌世界5月号で「最近、ますますそうした同調圧力が強くなってきている気がする。…同調するのが当たり前だ、といった圧力。そのなかで、メディアまでが、その圧力に加担するようになってはいないか」と書いていました。左翼がやる「政権の言論弾圧だ」式のもの言いで、彼女自身がどういう考えの持ち主か、よく分かります。

 女史 ちなみに、奥田クンは民進党結党大会に出席してスピーチしたんだってね。

 先生 「日本死ね」だけで2期目の山尾を政調会長にして、結党大会は学生に頼るんだから、民進党も人材不足なんだなあ。(笑)