さらば、花田WiLL?


 先生 この歴史通の編集長、立林昭彦は、かつての保守系論壇誌「諸君!」編集長だった時代から、過激な見出しをつけることで有名だから、俺も初め、表紙を見た時は「また、立林が派手な見出しを…」と思ったんだが、読んだら、そのまんまだから驚いたよ。

 これを雑誌に載せたということは、立林は今後、反安倍政権で行くということなのかね。彼は、WAC社の内輪もめ騒動でWiLL編集長から飛鳥新社の新雑誌に移った花田紀凱の後任になったわけだろ。基本的に安倍政権支持だった花田WiLLから、大きく方針転換するのかね。「さらば、安倍晋三」の裏に、「さらば、花田と旧WiLLの筆者たち」という意味も込められているのだとすれば、それは安倍批判を雑誌の内輪もめに利用したことにならないか。

 編集者 それは穿った見方じゃないですか。立林編集長は、言論に対しては真面目な人だという印象が、私にはありますよ。歴史通も実直な企画が多かったし。

 先生 そんな甘いことを言っていると、立林の派手な見出しで正論読者を奪われるぞ。

 教授 ま、「さらば、安倍晋三」は見出し通りの内容でしたが。

 編集者 私としては、立林さんのWiLLも、花田さんの新雑誌も両方、失敗して、正論だけが売れるのが一番嬉しいんですが…。

 女史 それこそ私利私欲じゃないの。一番、度量が小さいのは編集者じゃん。(笑)

(文中敬称一部略)