一方、増田氏は真っ当な候補である。ただし、彼に関するマスコミ報道はいい加減だ。超エリート官僚というが、大学を二浪で入って留年し、人気官庁ではない建設省に入省したのだから、ピカピカのエリートではない。父親が参議院議員だったが、選挙に弱く苦労したはずだ。岩手県での生活経験はなかっものの、小沢一郎氏から自民党候補に対する対抗馬として担がれ、おんぶにだっこの選挙戦で当選したが、お目付役の政務秘書などをつけられ苦労した。

 知事としては手堅かったし前向きな姿勢も見せたが、小沢氏の呪縛と岩手県が当時持っていた厳しい条件のもとでは、大きな成果が出たわけでなく、また、四選は小沢氏の妨害でできなかった。

 そういう意味では、守旧派と言われる自民党都連にまたおんぶにだっこで出馬するわけだから、かつての小沢氏との関係と同様に悩むことになるだろう。ただし、都連のいいなりになったままではなく、それなりの抵抗はするのではないか。

 増田氏の難点をあげると、ひとつはこれまで地方振興の旗手と言ってきたことと利益相反になることだ。多くの地方の人を失望させた罪は大きい。

 もうひとつは、東京五輪をまえにしてホスト役として世界をかけめぐり、多くの来客を迎えねばならないときに、語学を含めた国際コミュニケーション能力に長けているとは思えないことだ。舛添氏に比べてあまりに大きな落差があることだ。

 ただし、鈴木俊一氏のあと、青島幸男、石原慎太郎、猪瀬直樹、舛添要一と非官僚知事が四人も続いたあとだけに、このあたりで一度官僚出身の知事をはさむことは組織のたるみを糺す意味があるかもしれない。

 小池氏は、私が当初から適任者の一人と考えていた。それは、防衛相や環境相としてすぐれた行政手腕を発揮してきたし、抜群の国際コミュニケーション能力があり、女性初の都知事という付加価値もあるからだ。

 彼女がこれまでついてきた親分というと、細川氏と小沢氏、それに小泉純一郎元首相だが、自らを彼らの参謀として演出し、また、彼らからリーダーシップをいいとこ取りで学んでいる。また、橋下徹前大阪市長についても、大いに参考にしているようだ。

 欠点は格好良くものごとをやることへの反発だろう。また、各政党を渡り歩いていることを揶揄する向きもあるが、彼女自身の立ち位置にぶれがあったわけでなく、親分たちが右に言ったり左に行ったりしているのから距離を置いたというだけだ。

 橋下氏ほど極端なことはしないだろうが、既存の利権構造とは厳しくけんかしながら改革を迫っていくのではないかと思うし、だからこそ連合にとっては嫌な知事になるかもしれない。

 また、親韓派といわれる増田氏や鳥越氏と違って、韓国には厳しそうだ。新宿区の韓国学校問題の白紙撤回は明言しているし、ソウルの景福宮の衛兵の衣装そっくりなおもてなし隊のユニフォームも変更するというのは、結構なことだ。別にそれを嫌韓というべきでない。歪んだ判断の是正に過ぎない。また、親台湾派ということでも知られている。

 それにしても、自民党も小池氏にさっさと乗って、全国の激戦区に応援で送り込んだら、参議院選挙で3~5議席ほど積み増しできたと思う。惜しいことをしたものだ。