自衛隊創設時であれば、このような争点設定も当たっているのですが、現在、日本は自衛隊という世界にもまれにみる巨大な軍事力を保有しています。ただ少なくとも海外での戦闘行為は憲法上できないということで大きな制約を課してきました。保有する軍事力も大きく制約されてきました。軍事力を米軍のもとで世界に展開したいと考えていた日本支配層にとっては憲法9条は邪魔な存在そのものでした。

 その現状の枠組みを取っ払うのかどうか、というのが争点です。

 欺されてはいけません。今時の9条の改憲の争点は、自衛隊が合憲か違憲かというのは争点ではありません。典型的なすり替えにころりと欺されてしまうと、9条改憲に賛成してしまったり、あるいは「どちらともいえない」などという心許ない選択になってしまいます。憲法を変えたがっている安倍自民党は決して自衛隊は違憲状態だから憲法改正によって憲法に適合させるなどとは言っていないのです。

 欺されてはいけません。実際に中国や北朝鮮が本当に日本本土に侵攻してくるのかどうかということも冷静になって考えてみればわかることです。今、現実に中国や北朝鮮が日本本土に侵攻してくる計画があるのですか?中国、北朝鮮脅威論はすべて安倍政権側によって垂れ流されたプロパガンダです。何故、この程度のことに欺されてしまうのでしょう。東西冷戦下と全く事情が違うということすらも理解できていないのかもしれませんが、東西冷戦下では、それぞれの政治体制を守るため、双方が軍事力を対峙させてきたものであり、東西間では経済的な結びつきは全くなかったものです。現在、貿易相手国として、日米にとっても中国は不可欠の存在になっているのに、これで戦争状態に突入ですか。

 ところで、最近、台湾が沖ノ鳥島問題で、軍艦を差し向けるそうです。

 台湾と開戦しますか。台湾を仮想敵国として軍事力増強しますか。憲法9条の改正しますか。この程度のことで騒いでいたら、夜もおちおち眠れなくなってしまいます。それ以上に日本が海外で武力行使をしてくる国になる方がよほど怖いと思いますよ。戦争の当事国になるわけですから。

 憲法9条の「改正」の是非は、争点ずらしに欺されてはいけません、仮想敵国の脅威というプロパガンダに欺されてはいけません。9条を含む現行憲法を守りましょう!(弁護士 猪野 亨のブログより転載)