サヨクのお偉い首領様たちだけでもこんな有様なので、その下のショッカー下級戦闘員達の「B級国民」差別は目を覆わんばかり


 もう良いです。サヨクは完全に死んだんです。「まともな」日本国民みんなにそのことがバレちゃったのが今回の都知事選だったんです。そしてサヨクどもはそのことについて反省し次の選挙に備えるどころか、「ぼくちゃんたちは正義だったのに、それに賛成してくれないB級国民どもは愚民だ!」と喚くばかり。意見の違う「B級国民」を説得するどころか、「小池ゆり子に投票した人と友達でいるのは無理」と、自分の主張に従わぬ「B級国民」との交際を絶つととの宣言する方々までおられるご様子。

都知事選最終日に有権者に向け支持を訴える
小池百合子氏=7月30日
都知事選最終日に有権者に向け支持を訴える小池百合子氏
=7月30日
 こういうサヨク連中が権力を握ってしまえばそれこそヒトラー顔負けの粛清や虐殺をしまくるに違いないということを敏感に感じたからこそ、都民は鳥越なんぞを当選させなかったわけです。

 反省無きままお亡くなりになり、未だにゾンビのごとく徘徊しまくるサヨク連中。そんなバイオハザードの最中の日本について今確実に言えることは二つあると思います。一つは、鳥越を担いだサヨクどもこそがヒトラーも裸足で逃げ出す差別主義者、ファシストであるということ。実際北朝鮮の将軍様による拉致の事実まで否定してきた御仁まで入り込んでいるのが、鳥越「野盗連合」です。

 二つ目は、今回の都知事選はサヨクにとってどん底の敗北ではないということです。反省どころか「B級国民」を見下して憚らぬこの連中は、「次の選挙」では今回以上に負けるでしょう。

 これは実に困ったことです。何しろサヨクどもから「ネトウヨ」とレッテルを貼られて様々な嫌がらせを受けてきた私は、今の安倍自民党政権には批判的な立場です。前回の参院選以外は、46年間ずーっと共産党に投票してきたような人間です。「安倍はヒトラーだ!」と叫び宇都宮健児氏のようなお仲間でさえも平気で嫌がらせしまくるような現在のサヨク連中は、「まともな」反安倍の受け皿にならないことが今回「まともな人間」の誰の目にとっても明らかになったのです。

 そしてそんなゾンビサヨクどものB級頭脳では考えつきもしないことなのでしょうが、反安倍自民の受け皿として最も可能性が高いのは小池百合子都知事でしょう。サヨクどもが「小池はヒトラーだ!」とのたわごとが事実かどうかは不明確です。しかし、そんなサヨクどもがヒトラー以上に邪悪であることと、そんな邪悪なサヨクどもこそが小池都知事を生み出したことは間違いのない事実でしょう。