すると田母神候補は、「もちろんです。私は靖国神社を参拝できないような都知事ではダメだ思います。」と答えました。靖国神社はご存知のように日本国の首都東京にある神社です。その東京を預かる都知事が外国に気を使って参拝もしないということはおかしいではありませんか。細川氏も舛添氏もそして宇都宮氏もぜったいに靖国神社には行きません。なぜなら彼らは自虐史観に染まっているからです。

 彼らは日本がアジアで悪いことをしたと信じ込んでいるからです。もし、日本が先の戦争をしなかったら、今の世界地図はどうなっているのでしょう?国連の加盟国は今の三分の一くらいではないでしょうか?なぜなら、ほとんどの国々が欧米列強の植民地として独立できていないからです。CHINA共産党や朝鮮とは日本軍は戦っていません。CHINA共産党は国民党と和平を結ぼうとするとテロを起こし、それを妨害してきただけです。
 
 朝鮮半島には日本から日本国民の税金を多額に投資して、すべて回収もせずにそこにおいてきました。搾取などしていません。ましてや日本を護るために亡くなった英霊を日本独自の祀ってある宗教施設に対し、外国からとやかく言われる筋合いもないし、また日本人の中からそれを否定すること自体が間違っていると思います。靖国神社で田母神候補に聞いた質問を他の候補者にも聞いてほしいですね。

 それだけで明確な答えになると思います。先ほど、僭越ながら田母神候補にお電話をして、九州の支持者の声を代弁させていただきました。田母神候補から「美しい」という言葉が発せられたら私が伝えたアドバイスを聞いてくれたと思ってもいいのではないでしょうか?「永遠の0」も忙しい中、観に行ってくれていました。

 田母神候補は知らない人が見たら、いかつい顔をした軍人だと思われがちですが、本当はとても素直で気さくなおじさんなのです。取り巻きの人たちが私も含めて強面が多いので、近づきにくいかもしれません。でも、田母神候補は知れば知るほど素晴らしい人間性をお持ちです。あの航空自衛隊でああいう発言を常にしながら航空幕僚長というトップに上り詰めることができたというのは、ただの人ではない強運の持ち主です。