骨粗しょう症 ~老後の寝たきりにつながる~

 骨粗しょう症は、骨量の低下によって骨が弱くなる病気です。主な原因は加齢で、40歳以上の骨粗しょう症患者数は1,280万人。そのうち女性は980万人、男性は300万人と推定されます。骨粗しょう症は女性がなりやすいイメージがありますが、男性の患者数も決して少なくないことがわかります。

 高齢化社会において、骨粗しょう症は大きな問題。高齢者が寝たきりになる原因の約20%が「骨折」であり、それをきっかけに認知症が進行するケースも多いのです。「まだ若いから大丈夫」と思うかもしれませんが、骨量の低下は40代から始まります。

 予防のためにとくに大事なのが、食事。カルシウムは1日に800㎎の摂取を目標とし、乳製品や大豆製品、海草類を積極的に食べましょう。また、ビタミンBやマグネシウムも欠かせません。前者は鮭やサンマなどの魚に、後者は玄米や豆類に多く含まれます。

 なお、リンを含むスナック菓子やインスタント食品を摂りすぎると、カルシウムが尿から排泄されやすくなるので注意してください。
骨粗しょう症チェックリスト
1.55歳以上である。
2.女性の場合、閉経している。
3.細身の体型である。
4.ちょっとしたことで骨折したことがある。
5.最近、背が縮んだ。
6.あるいは背中や腰が曲がってきたと感じる。
7.乳製品や大豆製品をあまり食べない。
8.運動不足である。
※3つ以上あてはまる人は、骨量の低下に警戒が必要です。
取材・構成 塚田有香

もりた・ゆたか 医療ジャーナリスト。1963年、東京都生まれ。秋田大学医学部卒、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。東京大学医学部附属病院助手、米国ハーバード大学医学部専任講師、埼玉県立がんセンター医長、板橋中央総合病院部長を経て、現職。医師として現場に立ちながら、テレビや雑誌で医療情報を発信。近著に『今すぐ「それ」をやめなさい!』(すばる舎)など。