杉田 国民党系から共産党系に乗り換えたのか、双方を合体させていったのか? 両岸でずっと対立していたと思われてきた2つの政党が、アメリカを舞台に90年代より共存共栄を企てていたのですね。まさに「オール・チャイナ」といえます。

 河添 つまり、サンフランシスコの抗日戦争記念館は“新・国共合作”による「歴史戦の旗艦施設」という立ち位置なのかなと思います。中国人は主義・主張というより権力、すなわち利益と結託しますし、われわれが入り込めないネットワークを基軸に動いています。そもそも「誰が米中を舞台に抗日プロパガンダをやってきたのか?」といえば、そのパイオニアは宋美齢だったと私は考えています。

 無能力で腐敗しきった蔣介石政権を美化し、キリスト教徒である西洋社会との共通性を強調しながら、英語力でルーズベルト大統領を説得してアメリカから多大な資金と物資を供給させる。そして、フライング・タイガーを呼び込んで日本軍と交戦させ、石油など必要物資の日本への禁輸にまで踏み切らせたのです。さらに、米ルーズベルト大統領にオネダリし、1943年11月27日、英国ウィンストン・チャーチル首相との米英中三国会談――対日方針などを決めたとされるカイロ会談に蔣介石を押し込みました。

 杉田 実質的には、宋美齢とルーズベルト、チャーチル会談だったのでしょうね。宋美齢にまつわる四方山話というか初暴露は、このたびの新刊でもたっぷり披露しています。
 

戦後の勝者はコミンテルン?

 
 杉田 噂にあったとおり、韓国に事務局を置く日中韓などの8カ国・地域の民間団体からなる「国際連帯委員会」が、慰安婦関連資料をユネスコへの記憶遺産に登録申請しました。中国外務省の報道官は「被害国の民間組織による共同申請を支持する」と公式に表明しています。今回の申請では、歴史問題で日本と徹底的に対抗したい中国政府が裏で大きな影響力を発揮した可能性が高いですよね。

 河添 そう考えます。両国が結託する意図は、「残虐非道な日本人」を拡散し、反日組織をより拡大させ、世界へ発信していくこと。さらに賠償請求と請求金額のつり上げにあるのでしょう。そして、その先が日本の財閥系企業を破綻させるか、乗っ取ろうって流れではないでしょうか。

 杉田 なにせ、今回の申請では強制連行された慰安婦の数が20万人から40万人以上に膨らんでいます。賠償請求に関して言及すれば、被害者はすでにほぼあの世ですが、遺族の数が多ければそれだけガッツリ賠償請求ができるってことですよね。なりすましは、さらに増えそうです。

 河添 中華人民共和国の習政権が仕掛ける「歴史戦」の本丸は、「参加していない」サンフランシスコ講和条約の否定であり、「カイロ宣言」「ポツダム宣言」を規範とする戦後体制への転換なのです。他方、サンフランシスコ講和会議に呼ばれなかった中華民国、つまり国民党政権は、日本と1952年4月に日華平和条約を締結し、その際、賠償請求権が放棄されています。中華人民共和国も1972年に日中国交を樹立した際、賠償請求を放棄しているのですが、日華平和条約はこの時点で破棄され、無効となったと主張する中華人民共和国とそれを認めていない中華民国とのあいだで歴史のすり合わせをしなければ、どうにもなりませんけれど……。