安倍首相には優位戦思考がある

 
 上島 その意味で跳躍して現在を見ると、安倍首相はまさに学歴エリートではない強みと個性をもっていますね。

 日下 東大卒のエリートは安倍さんを見下しているところがあるかもしれませんが、安倍さんには優位戦思考があります。その実践を一例だけ挙げておきましょう。
 2007年6月、ドイツのハイリゲンダムで開催された主要国首脳会議で、安倍首相は中国に胡錦濤主席との会談を申し入れた。元台湾総統の李登輝氏が来日する予定を知っていた中国側の返事は、「李登輝が来日するのなら首脳会談の雰囲気は醸成されていない」というものでした。安倍首相は「雰囲気が醸成されていないことが、首脳会談ができないという意味ならば、李登輝さんの来日は変えられませんから、また別の機会にしましょう」と投げ返した。すると「いや、こちらは会談をやらないといっているわけではない」、次いで「李登輝が公開の場で講演するのは止めさせてほしい。その場に報道陣を入れないでもらいたい」という条件を出してきた。安倍さんは、「日本には言論の自由も報道の自由もあるから、それはできない。会談はまたの機会で結構です」と答えた。そうすると、最終的に彼らは何事もなかったかのように首脳会談の受け入れを伝えてきた。

 これについて私は、ある雑誌の対談で直接、安倍さんに確かめたのですが、安倍さんは「経緯はともかく」と断りながら、こう語りました。

「胡錦濤主席との会談が予定されていた朝、李登輝さんは靖国神社に参拝された。今度はわが外務省がびっくりして、これは会談がキャンセルになるかもしれないといってきた。しかし、胡錦濤主席も私も、何事もなかったかのように会談を行ない、李登輝さんに触れることなく相互に必要な話をした。そのとき私の秘書官が嘆息しながら口にしたのは、“ああ、こうやってこれまでは中国の要求に膝を屈してきたんだなあ”という言葉だった。偽りない彼の実感だったろうが、いってみればこれはゲームなのです」

 昔もいまも国際政治はある種のゲームです。そうしたゲーム感覚が、劣位戦の経験しかない人間にはわからない。彼らには教科書にない戦争や紛争処理のための設計(ゲームプラン)はできない。

 上島 大東亜戦争の教訓は、明治開国以後、劣位戦を勝ち抜いてきた日本が、今度はいかに優位戦思考をもつかということですね。

 日下 そうです。優位戦思考による国家運営です。