今回は働きに出ただけで画期的、でも。

 久々に見たサザエさんで、彼女が働きに出るということでやや期待を高めすぎました。しかしこれだけでもとても画期的なことは事実です。平均視聴率が過去何年も20%以上を誇る国民的アニメで、このタイミングでサザエさんがスーパーで仕事を始める。大げさではなく、女性が働くことが当たり前になってきたことの反映といえます。

 サザエさんのおうちは、今では珍しい大家族。タラちゃんも最初はさみしいかもしれませんが、うちにフネさんがいて、カツオ、ワカメちゃんも学校から帰ってくれば面倒をみてくれる存在です。だからこそ、本来はサザエさんが働きやすい家のはずです。

 保育園を探すサザエさん、お友達と楽しく遊ぶタラちゃんがたくましく成長し、むしろ働くサザエさんを励ます姿などがあれば、明日からまた会社だわ、と思っている日曜の夜の全国のお母さんをほっとさせてくれるに違いありません。

 サザエさんのスポンサーをしている東芝は、女性を支援する家電を作るメーカーでもあり、女性活躍推進にも積極的な企業です。働く女性の救いとなる最先端の家電を使いこなし、いきいきと働きながら大家族の中タラちゃんを育てるサザエさんも見てみたいと思うのは私だけでしょうか。


《参考記事》
■「大丈夫」じゃないのはお母さんだけじゃない。 (小紫恵美子 中小企業診断士)
■子育てしながら働き続けることを決めた女性に伝えたい、「大変な今」の過ごし方(小紫恵美子 中小企業診断士)
■「女性活躍推進」すら着手しない企業で成長はムリ。(小紫恵美子 中小企業診断士)
■「ニッポンのお母さん」はレベル高すぎ?OfficeCOM(小紫恵美子)ブログ
■結局「女性活用」って何すればいいの? 小紫恵美子