これについてサムスン電子のコミュニケーションチーム(広報部)は「Galaxy S7とS7エッジなど既存商品の販売を拡大して早めに正常化する計画だ」と話した。にもかかわらず、主要モデルの空白があまりにも大きいため、2011年以降続いていた『年売り上げ200兆ウォン』が実現されることはないと思う。

 一方、Galaxy Note7の事態の根本的な原因は『技術開発競争のスピード出し過ぎ』のせいだという指摘も強がっている。世界のスマートフォン市場の成長の鈍化がますます進行し、消費者の目を引くことのできる新しい技術の開発に追い込まれた各社が無理にスピードを高めたということだ。特にIT分野の専門家たちは、グローバル・スマートフォンの市場の1位であるサムスン電子が今の席を守る同時に革新的な技術を出さなければならない、この二つの目標のため、競争を限界まで推し進めたと判断した。IBK証券の李・スンウ研究員は「サムスンの強さはスピードだが、協力社の技術力とスピードを考慮せず独走したのが原因だ」と語る。誰よりも早く、最高の機能を数多く搭載しなければならないという目標が、現在の技術の状況と合わず生じた問題という意味だ。

 米国のオンライン・メディア・スレート・ドット・コムもGalaxy Note7の生産中止の原因について、「革命的な製品を出さなければならないスマートフォン・メーカー各社の激しい競争が物理的な限界にぶつかった」と報道した。同メディアはまた「Galaxy Note7の電池の爆発の原因はまだ正確に分らないが、メーカーがリチウムイオン電池の限界まで(機能を)増やしてきた事実は知っている、特にサムスンが一つの端末に様々な機能を可能な限りたくさん入れたために発生した問題ではないか」と推定した。

 サムスン電子が、泥沼から抜け出すためには、多くの人々が触れたように、『狂ったスピード競争』でどんなものを失ったのか振り返る必要がある。まず、経営者は特定した機能や性能を実現するために発生し得る問題を取り上げる技術者たちの言葉に耳を傾ける必要がある。その上、開発の期限を守るために協力社を追いつめるより、徹底な機器の点検を行うことが望ましい。時間も費用も増える道だが、方法はただそれだけだ。