義元の凄さということになると、やはり軍事力と外交力である。桶狭間の戦いのときの今川軍の数を織田方の史料は4万5000と記すが、これは、少ない軍勢でいかにも大軍を破ったということを喧伝するために水増しした数字で、実際のところは、今川家と同盟関係にあった武田家および北条家の史料で2万5000とあるので、それが正しいと思われる。

 ふつう、江戸時代の大名家の軍役基準は1万石につき250人といわれているので、2万5000となると100万石に該当する。しかし、前述したように駿河・遠江・三河は3カ国合計でも70万石ないし80万石で100万石には足りない。100万石未満でありながら2万5000の大軍を動員できたのが寄親寄子(よりおやよりこ)制というシステムであった。

 寄子は寄騎とか与力とも書かれる。寄親も寄子も今川家の家臣である。寄子は寄親の軍事指揮下に入ることが決められており、そのあたりも「仮名目録追加」に明文化されている。寄親は国人領主とか国衆といういわれ方をするが、支城主クラスである。今年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の井伊家は寄親ということになる。

 その下につく寄子は土豪、すなわち地侍である。ふだんは農業経営に携わる村に住む有力農民で、この寄子が、戦いのとき、自分の被官を引き連れて参陣することになる。寄親で井伊谷城主の井伊直盛に何人の寄子がいたかはわからないが、直盛と同じく桶狭間で討ち死にした二俣城主の松井宗恒には50人の寄子がいたことがわかっている。1人の寄子が仮に10人の被官を連れてくれば500人となる。1人の寄親が最低このくらいの人数は動員できたと思われる。

 義元の時代、こうした寄親、つまり支城主が20人ほど確認できるので、これだけで1万人になる計算である。ほかに義元直属の兵が1万5000人いれば、合わせて2万5000となる。この軍事力があったからこそ、あの武田信玄と上杉謙信が戦った第2次川中島合戦で、義元が仲裁役をつとめることができたものと思われる。

 外交力の点で何といっても注目されるのは「甲相駿三国同盟」である。斐の武田信玄、模の北条氏康、そして駿河の今川義元が同盟を結んでいるが、これは、義元の軍師太原雪斎が仕掛人であった。義元はこの同盟を有効に生かし、三河からさらに尾張へ侵攻していくことになる。