強化試合では、選手ひとりひとりが「自分で結果を出そう」としている雰囲気があふれていた。野球は確かにそういう競技だ。打席に立った打者が打つか打たないか。マウンドに立った投手が抑えるか崩れるか。だが一方で、目に見えないつながりが、凡打も意味あるものにし、相手に不安やダメージを与えることで後の誰かが結果を出すこともある、それが野球だ。

 いまの侍ジャパンにはその余裕がない。チームメイトとの無言の信頼、「自分が結果的に凡打でも、結果以上の熱を発散することで最終的にチームに力を注ぐものだ」という覚悟がない。それは、WBCという、普段とは違う世界大会で「優勝」という十字架を背負った選手たちの重圧でもあるのだろう。

WBC日本代表壮行試合日本代表-台湾プロ野球選抜1回で二塁打を放つ日本代表・筒香嘉智外野手=2月28日、ヤフオクドーム
WBC日本代表壮行試合日本代表-台湾プロ野球選抜1回で二塁打を放つ
日本代表・筒香嘉智外野手=2月28日、ヤフオクドーム
 カリスマ性を持った監督なら、そして強烈なリーダーシップを持つ中心選手がいれば自然とチームの空気は変わる。いま、侍ジャパンには、先頭に立って全員を鼓舞するリーダーがいない。四番を打つ筒香嘉智は、主将を務める横浜DeNAでは毎試合前、ナインを集め、思いのこもった言葉でチームに熱を注いだ。

 ベイスターズの記録映画を見ても、主将として筒香が与えた変化が初めてのクライマックス出場に大きな貢献を果たしたことが窺える。その役割を侍ジャパンでは与えられていないから、宝の持ち腐れになっている。無言でチーム全体に熱を注ぐ、第2回大会のイチローのような絶対的な存在もいない。それが、ひとりひとりが「結果を出さなければ」と肩に力が入る一因になっているだろう。

 侍ジャパンのメンバーを見ると、大半が中堅クラス。いずれも素晴らしい選手には違いないが、並べて見ると存在感という意味でどんぐりの背比べで、横並びの感じがする。ベテランと呼ばれる年代の選手は内川聖一(ソフトバンク)ら、ごく一部だ。内川は職人的な存在で、精神的支柱を担うタイプではなさそうだ。その意味では、阪神戦から加わった青木宣親(アストロズ)がその役割を果たしてくれるかどうか。もしくは、松田宣浩(ソフトバンク)あたりのバットが火を吹き調子に乗ってムードメーカーになることを期待するところだ。 

 戦力的には、優勝した1回、2回に比べて、エース投手の国際舞台での実績や迫力にやや不安を感じるが、実力的には十分な選手が揃ったと思う。全体的にむしろ、山田哲人(ヤクルト)、菊池涼介(広島)、秋山翔吾(西武)、鈴木誠也(広島)ら、新しいタレントが以前にも増して充実している。