殺戮の舞台となった通州は歴史的に由緒が深い場所である。安禄山(あんろくざん)の乱は、この地から発祥した。

 明治4(1871)年、台湾で日本人虐殺が起きたとき、北京へ談判に出かけた大久保利通は「台湾は化外(けがい)の地」と清朝から言質を得た。その帰路、大久保は通州に滞在した記録がある。

 「明代以降、通州は北京に次いで繁栄した大都市だった。運河による交易で行きかう人と銀が、通州城内を活気づかせていた」(加藤前掲書)。

 大久保は通州で一詩を詠む。

「和(わ)なり忽(たちま)ち下る通州の水 閑(かん)に蓬窓(ほうそう:よしずの下がった船の窓)に臥して 夢自(おのず)から平(たいら)かなり」

 通州の虐殺事件で、奇跡的に助かった妊婦2人の証言や生き残った新聞記者の実録は、当時から新聞でも報道されていた。

 これまでの通州事件の証言、資料にはなかった新しい資料が近年になって出てきた。北京への留学生だった河野通弘は目撃者から貴重な談話を集めて記録をつくり、1995年になって手記を残した。当日、彼は北京にいて通州方面に爆撃によるのか、黒煙の上がるのを見て飛び上がった。

 彼が気がかりだったのは、「拓殖大学の先輩にあたる中山正敏を訪ねて東京からやってきたばかりの亀井実の安否だった」。河野は「大使館の要請で通州へ救援と通訳に駆り出される」ことになった。

 通州で見た残虐な地獄。河野通弘は克明にメモをとった。同級生だった亀井は非命に斃(たお)れていた。
 
 憲兵隊の荒牧中尉も記録を残していた。

 「事件当時の通州憲兵隊長は安部起吉憲兵少佐だったが、事件から一年が経過した昭和十三年八月、新たに荒牧純介憲兵中尉が赴任して来た」。この荒牧が、安部が作成した事件調書を筆写しており、終戦後まで長く保存し、昭和56年に私家版の『痛々しい通州虐殺事変』を残していた。憲兵隊の原本が存在しないため、この荒巻私家版が真実を物語ることになる。

 また加藤氏は、この事件を外国人特派員がいかに報じていたかを探し当てた。フレデリック・ウィリアムズが『中国の戦争宣伝の内幕』を書いていた。これは近年、田中秀雄氏が翻訳した(芙蓉書房出版)。ウィリアムズは「古代から近代までを見渡して最悪の集団屠殺として歴史に記録されるだろう」「最も暗黒なる町の名として(通州は)何世紀のあとも記されることだろう」と書き残した。

 そして直近になって復刻されたのが実際の目撃者、佐々木テンの独白録である。

 これは自由社からブックレットとなった(『通州事件 目撃者の証言』藤岡信勝編著)。

 佐々木テンは、中国人と結婚していたので「目撃」する側にいた。彼女は目の前で陵辱され虐殺されてゆく邦人女性たちの業、その非命をまぶたに焼きつけていた。その手記が発見され、日本を震撼させた極悪非道、残酷無比な通州事件の全貌が明らかとなった。

 このことから現代を類推してみると、中国は進出した日本企業をいずれ人質化することは明らかではないだろうか。投資してもらったカネを返済する考え方は脳裏にはない。いずれすべてを奪うという野心が潜在していないのか。

 筆者は2回、通州事件現場を取材している。

 最初は15年ほど前で、まだ虐殺現場の旅籠(はたご)が残り、西海子公園の離れには慰霊塔もあった。軍の跡地らしき建物や、駅舎、南門が残っていた。イスラムの貧民街があった。

 数年前に行くと、旅籠はビジネスホテルに改築されていた。南門と駅舎が残っていたが、あとは「ここが現場だったのではないか」と推測できる陰気な場所が残っていたくらいだ。

直近に現場を取材した加藤氏によれば、通州事件の痕跡はきれいさっぱりと消され、旅籠跡には高層ホテルが新築され、あたりはマンションが建ち並んでいた。

 通州を北京の「通州区」として合併させ、副都心とするために土地を地ならしする工事が進んでいる由。事件の痕跡をきれいさっぱり消し去れというわけだ。

 中国のお家芸、不都合な真実は消してしまうことである。