「農村から都市へ」(毛沢東)は武装ゲリラ作戦の基本方針だった。

 それがいまでは中国の都市集中がもたらす国土の荒廃、農地の砂漠化と地方の過疎化というあべこべの現実が露呈した。歴史のアイロニーである。

 EU統合の眼目はヒト、カネ、モノが自由に動きまわるという国境なき世界であり、EU加盟国の大半が加盟した「シェンゲン協定」は移動の自由を掲げた。 だが、実際に起こったのは難民の移動の自由というアイロニーだった。

 アルメニアは人口が300万人とされたが、じつは250万人に減っていた。出稼ぎに外国へ出たからだ。ジョージア(旧グルジア)も同様で、450万国民のうち40万人が国を捨て外国へ去った。この両国の出稼ぎ先は旧宗主国ロシア、お隣のトルコ、ギリシャなどである。

 バルカン半島の付け根にあるギリシャは度重なる債務危機によって、ATMからユーロを引き出そうにも1日60ユーロに制限された。ジョージアやアルメニアへの仕送りが途絶えた。マケドニアからの出稼ぎも周辺諸国に散った。アルバニアは600万人のうち45万人ほどがイギリスやドイツへ、コソボはせっかく独立したのに農家は空屋だらけ、どっとイギリスやフランス、ドイツへ出稼ぎに出た。ポーランドからは100万人がイギリスへ渡った。移住である。このことが原因の一つとなってイギリスはEU脱退を決めた。ルーマニアからも、ブルガリアからも。つまり「農村から都市」へ、田舎から都市へ、農業から産業地区へとEUのなかで、大移動が起きた。

 同じ事態が中国で先だって起きていた。全人口約13億8000万のうち農村人口8億5000万人とされたが、現在の中国の都市化は51%となった。

 冷戦終結直後、ニューヨークのタクシーに乗ると、「先週ユーゴから来た。道がわからないので教えてくれ」というドライバーが多かった。その前までは韓国人のタクシー運転手が目立った。

 このパターンは工業化を急いだ折の日本でもあった。農村の過疎化は、都市部への集中を生み、産業のある企業城下町はたちまち人口が増えた。農村は荒廃し、村々は過疎化という難題、つまりコミュニティ崩壊という予期しなかった文明の報復に襲われる。

 中国で起こったことはその巨大版だったのである。

 農村から近隣の村々へ、出稼ぎへ出た。近郊のマンションが建ちはじめ、そのうち地方都市にも建築ブームが興り、建設現場に人手が不足した。賃金、現金収入に引かれて、農家の若者がどっと都市部へ出稼ぎに出た。

 地方都市は交通のアクセスが悪く、輸出産業は沿岸部に集中する。若い女工、3K現場の人手不足を補うために、人集め業者が田舎の奥深くへ入ってリクルートする。こうして地方農村から近郊の農村へ。近郊の農村からは地方都市へ。地方都市からは給与の高い沿岸部へと、カネを求めて人々は移動しつづけた。

 日本やEU諸国の人々の移動とは、決定的に異なるポイントが中国にあった。それは「都市戸籍」と「農村戸籍」という、確固たる戸籍制度である。日本のような住民票という制度は、中国にはない。戸籍の変更は特例以外認められない。移動した先でその都市の戸籍がないと医療も受けられず、子供は学校にも行けない。

 結果、中国でいかなる悲劇が起こったか?

 農村には子供と老人しかいない。農村の荒廃が激甚である。戸籍を取得できない地方出身者は北京で、上海で、広州で、天津で、大連で、ありとあらゆる大都市に固まって暮らし、子供たちは学校へやれないから(地方戸籍だから)、田舎へ帰して学校へ通わせる。