ただ、常に「自由・平等・博愛」や「ライシテ」と呼ばれる徹底した政教分離策といった共和国の理念に疑問を持つ勢力が出てきて、保守的な小市民の受け皿になってきた。

 その勢力は、人気のある軍人を担ぎ、政府を武力転覆しようとしたブーランジェ事件や、ユダヤ人を排斥しフランス世論を二分したドレフュス事件に登場し、その敗北の反動から生まれた極右団体「アクション・フランセーズ」や、第二次大戦中ナチスに協力したペタン将軍のヴィシー政府などで中核を担ったのである。

 そして、戦後は「プジャード運動」というのがあった。1953年、フランス中南部の文具書籍商ピエール・プジャードが中小商工業者への税金に対する不満を背景に税の不払いを呼びかけ、54年には右派政党の商工業者防衛同盟(UDCA)を創設し、56年の国民議会(下院)選挙で52人を当選させた。中小商工業者や農民など近代化に取り残された階層や後進地域の不満を吸い上げた結果だった。しかし、議員の内部分裂があり、ドゴール再登場後の58年の下院選挙で敗れ衰退した。

 ジャンマリ・ルペン氏は、56年にプジャードのもとで下院選挙に出馬し、最年少の27歳で当選した。アルジェリア戦争に議員を休職して従軍し、58年にアルジェリア独立に反対して大統領選挙に立候補したが敗れ、そのときのトラブルで左目を失明した。
5月1日、パリで「愛国者デモ」に参加し、報道陣に囲まれる国民戦線のジャンマリ・ルペン元党首(中央)(共同)
5月1日、パリで「愛国者デモ」に参加し、報道陣に囲まれる国民戦線のジャンマリ・ルペン元党首(中央)(共同)
 その後右派諸派の糾合を目指し、72年に国民戦線を結成し党首となる。国民戦線は移民排斥、妊娠中絶反対、治安強化、欧州連合(EU)からの脱退(のちにユーロからフランへの回帰)、国籍取得制限の強化などを訴えた。

 そして、2002年の大統領選では社会党のジョスパン候補を上回って決選投票に残った。しかし、07年の大統領選挙では与党国民運動連合のサルコジ候補がジャンマリ氏の政策に歩み寄るかたちで取り入れたので、11%の得票率に後退し、11年には娘のルペン氏に党首の座を譲った。

 娘のルペン氏が進めたのは「脱悪魔路線」である。国民戦線をステレオタイプな極右政党から脱却させ、国民の広い支持を集める政党に脱皮させた。とくに、ナチスやペタン政権に一方的な非難をすることに疑問を呈しがちな父親を否定した。

 14年、ジャンマリ氏が国民戦線を批判したフランスのユダヤ人歌手らに対し「驚きを感じない。今度はこちらが窯に入れてやる」と発言したが、第二次大戦中のアウシュビッツ強制収容所を連想させたため、ルペン氏は党のサイトに連載されていた父親のブログを削除した。ジャンマリ氏は翌年国民戦線の党員資格を停止され、10月には党を除名された。