一方、京都に逃亡した経基は、将門、興世王、武芝らの行状を朝廷に訴え出た。これを受けて太政大臣藤原忠平(かつて将門が家人として仕えていた)は調査に乗り出したが、将門は自らの上申書に坂東五カ国の国司の証明書も添えて提出し、謀反の疑いを晴らすことに成功した。訴え出た経基が、むしろ誣告(ぶこく)として罰せられたのである。朝廷では、坂東における将門の名声を承認し、その功績を評価することなども審議された。

 この間の経緯が将門に都合良く運んだのも、将門が中央(とりわけ太政大臣・忠平)との政治的提携を保持していたことが大きく作用したのである。

 その後、武蔵国では権守・興世王と武蔵守・百済貞連が対立し、興世王が将門のもとを頼ってきていた。同じ頃、常陸国では富豪層とみられる藤原玄明が常陸介・藤原維幾と対立し、玄明もまた将門のもとを頼ってきた。いまや将門は、坂東の諸勢力から頼りとされる存在となっていたのである。

 維幾は玄明の引き渡しを要求するが、将門はこれを承知せず、両者は対立し合戦となる。将門と玄明は維幾を常陸国府に追い詰め、国府の周辺を襲撃し、印鎰(国司が使用する印と国倉の鍵)を奪うに至った。

 国府への攻撃は朝廷への攻撃を意味する。将門は、それまでの一族同士の戦いでは国府への攻撃を慎重に避けつつ、戦いを「私戦」の枠内に留めていた。常陸国司である藤原維幾と対立する藤原玄明との「私戦」に介入したことが、結果的に常陸国府襲撃に繋がったのである。この攻撃は朝廷への敵対行為、すなわち「謀反」と見なされて、近隣諸国の国司からただちに京都へ報告された。将門本人に対する調査も行われないまま、将門の乱は朝廷が鎮圧に乗り出す「公戦」と認定され、ついに将門は国家的な追討の対象となったのである。

 常陸国府を襲撃した将門は、ブレーンとなっていた興世王の進言(「一国の占領だけでも罪は軽くない。同じことならば、坂東諸国を占領すべきである」)に従って軍を進め、下野国・上野国の国府をただちに占領した。“毒を食らわば皿まで”といったところか。

 このときに独自の「除目」(本来は朝廷が行う人事)を行い、坂東諸国の国司を任命するのだが、さらに八幡大菩薩の使者と称する一人の昌伎(しょうぎ/かんなぎ。巫女のことか)までが現れ、将門は「新皇」を称するに至ったというのである。

平将門公之像=茨城県坂東市「ベルフォーレ」
平将門公之像=茨城県坂東市「ベルフォーレ」
 将門による「新皇」「即位」を自明視し、そこから将門の居所を「都」とするような見解もある。しかし、そのような見解は妥当なものだろうか。

 将門はその存立基盤からみれば、自らの存立のためには中央貴族や国司との政治的提携が必須となる地方の富豪層なのである。いかに将門の支配領域が拡大しても、そのことに根本的な変化はない。

 あたかも朝廷に対抗して「新皇」を自称するようになったようにもとれるが、これを伝える『将門記』自体が文飾に満ちた作品であって、事実をそのまま描いているとは言えず、したがってその評価についても意見が分かれるのだ。全体的に、将門の乱はそれに関する史料が限られているため、よく知られている事件であるにもかかわらず、その実態は不明な点が多い。事件の経緯に即して考える限り、「新皇」の自称も突発的なことであったと見られる。たとえ実際に巫女の宣託が行われていたのだとしても、将門と彼の支持勢力(多くは、将門と同様に中央の貴族と結合した富豪層)の存在形態自体に大きな変化はないのだから、宣託(せんたく)を受けての「新皇」「即位」という一連の流れを過大評価することはできない。