気になる点はほかにもある。これまでの小池都政で議会軽視の兆候が見て取れる。豊洲移転の延期や、東京五輪・パラリンピックの会場変更、組織委員会や近隣自治体との会場費などの問題を、議会に諮(はか)らず報告もせずに、決めてきたように思える。もちろん、すべてが悪いわけではなく、素早い決定が有意義であったものがないとは言わないが、こうした決定の際にも、二元代表制の認識が足りないと感じるものも少なくない。現行制度の利点を十分に生かしながら都政運営をしていただきたい。

 また、これまでも述べてきたように、都政には解決しなくてはならない喫緊(きっきん)の課題が少なくない。二元代表制のもう一つの利点は、都議選が行われている間も知事は都政に専念できることにある。しかしながら、都議選にもコミットする、ましては代表として会を率いるということになれば、選挙運動に割かれる時間も少なくないであろう。もちろん、休日に行うことになるのであろうが、政治家の場合には休日の定義も難しい。議会が開かれていない期間は休日であるとすれば、なんと休みの多い仕事になろうか。とりわけ豊洲と五輪の問題は、財政的や政治的だけでなく、対外的にも早く決定することのメリットは計り知れない。にもかかわらず、小池氏は都政専念という二元代表制のよさを自ら手放そうとしている。

 これらの点からも、地方政治において首長が政党を率いて議会選挙に臨むことには疑問がある。また、今回の選挙では、多数の候補者が小池人気だけを目当てに、さまざまなアプローチで都民ファーストの会から公認や支援を受けている。政党をくら替えする議員も少なくない。彼らは今までの政党や自らが訴えてきたこととの整合性は保たれるのであろうか。小池氏は「古い都議会」と「新しい都議会」という抽象的な文言で説明しているが、選挙が行われれば都議会は当然リセットされることになる。いわば必ず「新しい都議会」となるのは自明の理であろう。しかも都民ファーストの会の新しい改革案は抽象的で、具体策がはっきりしないままだ。

 こうした点からも、今回の都議選で争点らしい争点は見えてこない。豊洲移転問題について各党の主張は、豊洲移転と築地残留で分かれているが、都民ファーストの会は小池知事の判断を尊重するとして、政党としての政策判断をしていない。見るからに、小池人気頼りということを示しているといってよい。東京五輪・パラリンピックなどがメディアなどで注目される争点になるのであろうが、争点といえるまでの各党の明白な違いが見えているわけではない。
都民ファーストの会の街頭演説を行う小池百合子東京都知事=5月20日、東京都中野区(春名中撮影)
都民ファーストの会の街頭演説を行う小池百合子東京都知事=5月20日、東京都中野区(春名中撮影)
 小池氏の人気によって、盛り上がる選挙になる可能性を秘めているだけに、各党が自らの主張をはっきりと打ち出した、争点中心の選挙になることを期待したい。また、投票率も最近では民主党政権誕生前の55%が高いものである。これを上回るような高い投票率になることも期待したい。それを可能にするのは、政治家であり、メディアであり、有権者である。