ジャニー喜多川さんのメッセージにしても、ツイッターを検索してみると「『3人』と書かれていたけど名前すら書いていない」と失望しているファンもいて、実はファンの間でも賛否両論なんです。ジャニーさんは、SMAPや独立する3人への思いがあってメッセージを出したのかもしれませんが、ファンは繊細な気持ちでもっと深い部分まで見ているんだと私も改めて気付かされたし、ネット反響のすごさを思い知らされました。でも、テレビのコメンテーターは「感動した」と言うばかりで、同じことを言えといってもきっと言えないでしょうね。

 私はジャニーさんを尊敬しているし、すごい人だと思っていますが、実を言うと顔も知らないし、声すら聞いたことない。メリー喜多川副社長や元チーフマネージャーの飯島三智さんもそうですが、名前しか知らないんです。SMAPの独立は芸能界を揺るがす騒動にもかかわらず、ジャニーさんやメリーさんに芸能記者が直撃取材した形跡はどこにもない。テレビ各局の立場で言えば、ジャニーズタレントを起用した番組がいっぱいあるもんだから、仮に事務所を敵に回せば番組自体が成り立たないことは容易に想像できます。でも、事務所関係者でさえ記者会見をしない状況には、ファンがどう思っているのか。私自身疑問に思っています。

 当初は「独立派」だった中居がジャニーズ残留を決めたことは理解できます。他の3人と比べてレギュラーの数が明らかに多いし、何より彼は日本屈指のバラエティー司会者でもあるのです。ゴールデン番組でお笑い芸人や俳優を相手に仕切ることができるタレントは、ジャニーズ内でもほとんどいないでしょう。現在のレギュラー番組を降板してまで事務所から独立するということになれば、制作局や制作会社のスタッフ、タレント、スポンサーにまで重大な影響を及ぼすので、彼の心中で「忖度」したというのが真相なのかもしれません。ただ、残留を決めた以上、毎年この時期になれば、独立か否か憶測を呼ぶことになるでしょうから、これからも苦悩は続くでしょうね。

 SMAP解散もそうですが、芸能界は変わりつつあります。今はインターネットの中でも世論が形成されていて、あわよくば「SMAPが再結成してくれるんじゃないか」という一縷(いちる)の望みがファンの間で広がっています。確かに、中居が残留したことで、SMAP再結成の観測記事もありましたが、私に言わせればそんなことは絶対に有り得ない。SMAPはもう完全にグループとして「消滅」したんです。
2016年8月14日、SMAP解散を報じるスポーツ各紙(竹川禎一郎撮影)
2016年8月14日、SMAP解散を報じるスポーツ各紙(竹川禎一郎撮影)
 完全に終わったという意味では、昨年1月にSMAPが解散騒動について、出演番組で謝罪した「公開処刑」がそのタイミングだったと思います。あの日本で最も偉大なアイドルがファンの前で無残な姿をさらし、それを事務所側がおぜん立てまでしてしまった。国民的アイドルグループとして、本当に情けない場面でした。あの姿を見て、ジャニーズ事務所の後輩グループはチャンスに思うどころか、むしろ絶望感を覚えたと思いますよ。それぐらい衝撃的な出来事だったと思っています。