「真田家の誇り」を胸に大阪城へ入城


 いよいよ徳川方と豊臣方が手切れとなると、信繁の許に大坂入城を求める秀頼の密使が訪れました。信繁は豊臣方に味方することを決め、九度山を脱出、大坂城へ入ります。後世の軍記物では、信繁は恩義のある豊臣家を守るべく「義」のために起ったとされ、それが多くの人々の心を捉えて人気を博しました。
大坂夏の陣で幸村が死に臨んで持っていたと伝わる采配。柄尻に家紋「六文銭」を刻す(真田徹氏所蔵)
 実際のところ、信繁の大坂入城の理由は何であったのでしょうか。私は、父・昌幸譲りの戦略眼を持っていた信繁は、大坂方に勝ち目はないと見通していたと思います。ただ、関ケ原合戦の負け組として、九度山で蟄居生活を送らざるを得なかった信繁は、大将として采配を振るう機会もなく、このまま朽ちていく運命に耐えられない思いであったでしょう。人生の最後にひと花咲かせたいと渇望していたであろうことは、想像に難くありません。そこへ、秀頼からの誘いがあった。おそらく信繁は、これを自分の死に場所とする覚悟の元に、大坂入城に応じたのだと思います。

 すでに真田の家は、兄・信之(関ケ原合戦後、信幸から改名)が立派な大名家として存続してくれている。それならば自分は、「真田の武名」を残したいという思いが、信繁を突き動かしたのでしょう。すなわち、祖父・幸隆、父・昌幸から受け継いだ不屈の闘志、武将としての矜持、そして「真田の誇り」を賭けて、戦いに挑んだのです。

 これより少し前の話になりますが、戦国武士が「名」を残すことを重んじた事例として、毛利氏の家臣で、石見吉川家の当主であった吉川経家の逸話があります。秀吉の「渇え殺し」で有名な鳥取城龍城戦で、兵糧が尽きて地獄絵図となった城内の将兵を救う代わりに、経家は自害しました。その際、「日本が2つに割れたその境目で、自分が自刃することで末代まで名が残る」のは名誉であると遺書を認めています。名を残すことは、戦国武士たちにとってそれほど重要であったのです。信繁もまた、たとえ家康に勝てないまでも、渾身の戦いを演じて名を残したいという願いが強くあったことでしょう。

 これは、大坂の陣で信繁とともに戦った長宗我部盛親や後藤又兵衛なども同じです。関ケ原の勝ち組は大名として残った。翻って、負け組の自分たちが残すことができるものといえば「名」のみである…。大坂城に入った牢人衆があれほど勇猛果敢に戦ったことを見ても、彼らが命を惜しまず名を残したいという思いを持っていたことは間違いありません。

 信繁は祖父や父譲りの「真田の誇り」を抱くとともに、上田合戦で父・昌幸から学んだ、寡兵で大軍を破る極意ともいうべき「真田の軍法」も血肉としていました。昌幸の軍法は武田信玄譲りでもありますので、武田流軍法も継承していたことになります。冬の陣で信繁が築いた真田丸にも、武田流の築城術が活かされていたのかもしれません。冬の陣の戦死者のほとんどは真田丸の攻防で生じたと記録に残るほどの激戦で、信繁は見事に采配を振るい、勝利を導きます。その活躍の裏には、籠城してゲリラ戦を仕掛けるという真田の男たちが最も得意とする典型的な「真田の軍法」が活かされていたと考えてよいでしょう。