韓国のK1戦車の主砲の口径は105ミリである。北朝鮮のT62戦車の主砲の口径は115ミリである。主砲の射程と威力は口径に比例するから、口径の小さな戦車が勝てる公算は極めて低い。端的に言えば、K1は後発であるにもかかわらずT62にかなわないのである。

 1980年代以降、世界的に主力戦車の主砲の口径は120ミリが主流となっており、日本の90式戦車の主砲の口径も120ミリであるが、韓国は当時、それだけの技術水準に達していなかったのである。

 そこで1990年代に韓国はK1の車体はそのままにして、主砲だけ120ミリに置き換えたK1A1戦車を開発した。だが、主砲だけ大きくなってしまった結果、かえって使い勝手が悪くなり性能は全体として劣化した。

 つまり1990年代において、韓国は北朝鮮に戦車戦で勝てる自信が持てなかったのである。もちろん戦争は戦車だけで勝敗が決まるものではない。特に現代戦においては航空戦力が決定的な役割を演じているのは周知の事実だ。

 韓国は1980年代から米国製戦闘機F16を導入していた。北朝鮮空軍の主力は現在においても1960年代に旧ソ連で開発されたミグ21である。この戦闘機は旧ソ連の誇る傑作機ではあるが、1980年代においては完全に旧式である。

 1970年代における旧ソ連の新式であるミグ23も導入されているが、F16の敵ではないことが1982年のレバノン紛争で立証されてしまっている。1980年代における旧ソ連の新式であるミグ29も導入されているが、機数が少なく主力をなすに至っていない。

 1990年代において、韓国の航空戦力は北朝鮮の航空戦力を圧倒していると言ってよく、それは現在でも同様である。2010年代の現在、米国の第4世代型の最優秀機といわれたF15戦闘機の韓国版F15Kを配備しており、第5世代型のF35も導入の予定である。

 したがって、仮に北朝鮮軍がT62戦車を先頭に韓国に侵入したとしても、韓国の航空戦力によって撃退が可能である。意外なことに陸軍重視であるはずの韓国陸軍は北朝鮮の陸軍にかなわず、空軍によって辛うじて守られているのである。

 航空戦力における韓国の優位を強調したが、実は航空戦力の中には弾道ミサイルも含まれる。北朝鮮が弾道ミサイルの実験を繰り返して技術の向上は否定すべくもないが、韓国も優秀な弾道ミサイルを開発しており、北朝鮮のほぼ全域を射程に収めている。
2017年9月4日早朝に実施された韓国軍の弾道ミサイル発射訓練(韓国国防省提供・共同)
2017年9月4日早朝に実施された韓国軍の弾道ミサイル発射訓練(韓国国防省提供・共同)
 しかし、弾道ミサイルの威力は弾頭の種類によって決まり、通常弾頭と核弾頭では威力に圧倒的な差がある。北朝鮮が核ミサイルを完成しつつある現在において、韓国も核弾頭を必要としているのは間違いない。

 韓国海軍は北朝鮮が保有していないイージス艦を保有している。イージス艦はミサイル防衛のために有効な艦種であるが、韓国海軍は技術の蓄積が未熟であり、有効に機能しているとは言い難い。今後の改良が待たれる。