東軍に与せし者、西軍に賭けし者


 この時、東西どちらにつくかの決断を巡って、様々なドラマが生まれることになる。

 先に三成を襲撃した秀吉子飼いの七将は東軍に属したが、中でも黒田長政は福島正則の説得役や、小早川秀秋・吉川広家への工作を担当するなど積極的に家康を支えた。長政が家康方に回った理由の1つは、父の如水(官兵衛)が長年秀吉を支えながら、豊前中津12万石という低い石高で冷遇されたことであった。長政自身も朝鮮出兵の際、三成の縁者の讒言で秀吉から譴責されている。三成が実権を握れば、もはや黒田家の発展は望めない。ならば、家康の勝利に家名の興隆を賭けようという必死の決断であった。

 長政ほどの武将であれば、ここで家康が勝てば、天下は豊臣家の手から離れることが見えていたはずだ。藤堂高虎や細川忠輿らも、同様に徳川家の天下をつくるという明確などジョンをもって東軍に身を投じていた。

 その点、福島正則や加藤清正らの思惑は微妙に違っていた。彼らは君側の奸・三成を叩けばよかった。必ずしも徳川の天下をつくるという意識は持っておらず、あくまで豊臣家の天下を持続させるつもりでいたのである。

 一方、西軍に与した大名たちの多くは、「これ以上、家康の専横を許せば、豊臣家の将来はない」と考える、豊臣恩顧の意識が強い大名たちだった。
石田三成(肖像画から頭がい骨
鑑定復顔されたもの)
 秀吉の養女を正室にした秀吉の一門衆であり、五大老の一人ともなった宇喜多秀家も、断じて豊臣家を守る覚悟でいた一人である。不運にも、関ケ原前夜に御家騒動が起こり、重臣たちが退去して戦力が大幅に低下してしまうが、秀家の戦意は衰えず、明石掃部を執政として軍の再編を図り、西軍の中核部隊として奮戦していくこととなる。

 とはいえ、豊臣恩顧といっても、親世代と子供世代で対応が分かれる側面もあった。蜂須賀や九鬼、真田なども、秀吉と縁深い親は西軍につき、秀吉との関係が浅い息子世代は、東軍につく決断をしている。

 西軍の総大将となった毛利輝元の足下でも、決断が分かれた。吉川広家が安国寺恵瓊らによる西軍支持に反対し、毛利家の安泰を固守すべく、家康方への接近を図ったのである。

 当時の武士は、「家名存続」という重い使命を担っていた。のみならず、付き従う家臣の命をも預かっている。その意味で、家名のために最善の手を尽くした黒田長政や吉川広家らの決断は見事であった。誤解してならないのは、家康の勝利は決して自明のものではなかった、ということだ。長政や広家は、家康に与する以上、ぜひとも家康を勝たせなければならない。そのために、できうる限りの手を打った。そうした結果が、西軍の南宮山部隊の静観であり、小早川秀秋の内応であった。長政や広家の働きがなければ、関ケ原の結果は大きく変わっていただろう。

 一方で、あくまで友への「信義」を貫いた武将もいた。代表例が大谷吉継である。彼は上杉征伐に向かう道すがら、三成の居城に寄り、そこで三成から家康打倒計画を打ち明けられる。吉継はその不利を説き、三成の軽挙妄動を必死で諌めた。だが三成の意志は固い。一度は、三成を振り切ろうとした大谷であったが、友のために共に戦う決断を下し、佐和山城に引き返す。また、吉継の与力であった平塚為広も、吉継が起つのであればと、日頃から敬愛する吉継と生死を共にすることを決断したのであった。

 不利とはいえ、大谷吉継と平塚為広も、決して勝負を捨てたわけではない。三成に与する以上、勝利をつかむべくあらゆる手を打ち、関ケ原では寝返った小早川の大軍を、寡兵ながら押し返すという恐るべき奮戦を見せるのである。

 当時、「家名存続」のために強者に与することは、決して非難されるものではなかった。その中で、あえて友のために起ち、しかも勝つために死力を尽くした大谷吉継と平塚為広の決断は、一際輝きを放つものと言えよう。