では、立憲民主党の政治家の話を聞く若者について、書かれている部分も引用します。

 主役はみなさん

 結党1週間、立憲民主党の枝野幸男代表もマイクを持った。

 草の根から声をあげていく、本当の民主主義をつくりましょう、主役はみなさんです――。

 何事かと立ち止まる人。顔をしかめて通り過ぎる人。会場に背を向けて横断歩道の両端に立ち、渡ってくる人を見据えている若い男性2人組はおそらく、スカウトマン。派手めの女性にだけススッと近寄り、声をかけている。

 ○○さん。後輩スカウトマンがふいに、先輩の名を呼んだ。「あいつ『主役はみなさん』とか言いながら、俺らのこと『草の根』ってディスりましたよ」

 へえ。聞いていたのか。「草」「根」の語感から、下に見られたように感じたのだろう。「そんなもんスよ、日本なんて」

 後輩の憤怒を受け流していた先輩は、枝野氏に続き脚立に乗った同党の福山哲郎幹事長が「まだ働かれているみなさんも、この大きなうねりにおつきあいを」と呼びかけると心なしかうれしそうな表情を見せた。

 後輩よりも仕事熱心、声をかけ、無視され、肩でため息をつきつつ定位置に戻る先輩の右手にはなぜか、最低賃金1500円への引き上げを求めるグループが配っていたパンフレット「働き方改革のひみつ」がずっと、握られていた。

 どんな言葉なら、彼らに届くのだろう。果たして政治は、そんな言葉を持っているか。いや、それ以前に、彼らのことがちゃんと見えているだろうか。

 この文章に書かれている男性2人の情報を、整理してみましょう。まずは、事実と確定できる部分を見ていきます。記者が本人に確認したわけではありませんが、2人の行動から職業はスカウトマンと言えるでしょう。後輩らしき人物は、「草の根」という単語が分からない学力で、日本の政治家には失望しているような発言をしていました。先輩らしき人物は、後輩よりも仕事熱心な人物で、手には働き方改革のパンフレットが握られていました。

 こうやって、事実だけに注目してみると、あまり政治色が強くない、よくいる歌舞伎町の若者のように見えなくもありません。例えば、街を歩いていると、必ずしも、自分の興味のあるパンフレットだけを受け取るわけではありません。絶妙なタイミングで渡されたら、思わず手にとって、しばらく、持ったままになってしまう事もよくあるはずです。

 次に、記者が勝手に推測した事を見ていきましょう。後輩は草の根という言葉の語感から、政治家から下に見られたように感じて怒っているのではないかと推測しています。そして、先輩は立憲民主党の福山幹事長のスピーチに対して、うれしそうな表情を見せたと記者は主観で書いています。この文章から、記者は先輩が、立憲民主党に対して、何らかの希望を抱いているのではないかと推測しています。