さて、先に述べたとおり、最近の芸能記者とタレントのトークバトルには芸能レポーターがあまり出演していない傾向があるが、それはワイドショーの芸能コーナーの均一化と無関係ではない。

 かつてのワイドショーでは番組ごとに専属のレポーターを雇っていたが、制作費削減の今ではそれが難しくなっており、自然と、独自のネタを入手することもできない状態になっている。また個人情報保護法(2005年完全施行)によるプライバシー重視の風潮や、新たに叫ばれるようになったコンプライアンスという名のもと、過度な取材を自主規制するようになり、相対的にスポーツ紙や雑誌の情報を紹介する機会が増えている。  熾烈なスクープ合戦を繰り広げていた当時は、芸能プロダクションに対しても強気の姿勢を見せていたが、有力芸能プロダクションがドラマからバラエティーまでテレビメディアに大きな影響力を持っている今、ワイドショーでもそうしたプロダクションとも平和的につき合うようになり、軋轢を生むような報道はほとんどなくなった。

 さらにこれまでは記者会見を通して発表されていた結婚などのニュースも、今や所属事務所からのFAX1枚で通達されるか、もしくはタレント本人のTwitterやブログなどで知らされるのみ。芸能レポーターの本来の役目はなくなり、現在、スタジオで、芸能情報をわかりやすく解説する“翻訳者”になってしまっているのだ。
(iStock)
(iStock)
 そうした流れのなかで、バラエティーを制作する側が、芸能レポーターに出演してもらうより“生”の情報に日頃から接している週刊誌やスポーツ紙の記者に出てもらったほうが面白い番組ができる、と考えるのは自然だろう。もちろん、現役記者が出るからといって、芸能人のスキャンダルを徹底追及するような形には制作サイドもしないのだが、最前線の記者から明かされるスクープの裏側や芸能人の意外な一面、それにリアクションを見せる取材対象者という構図は、独自のスクープがなくてもバラエティーの“ショー”としては十二分に視聴者を惹きつけることができる。

 ワイドショーで扱う芸能情報の“弱体化”が、結果的に新たなバラエティーを生み出すキッカケだとしたら皮肉なことだが、これだけ量産が続いているということは、テレビ局にとっては有力コンテンツのひとつであることは間違いない。「芸能人VS芸能記者」という図式の番組はこれからも増えていきそうだ。(芸能ライター・飯山みつる)

関連記事