それから数年、学習塾でのやり甲斐に満ちていた頃、中学生から「先生は、世界のことや世の中のことを色々と話してくれるけど、25歳を過ぎてどうして政治家にならないの」と、何気ない質問を受けました。

 その時、私自身は社会や我が国の将来に対する思いがありながらも、批判や文句を吐き出すだけで、正面から何も向き合っていないことを深く反省させられました。そして、間もなく、美濃加茂市議選に出馬し、多くの友人やその家族をはじめとした支援者に支えていただき、26歳でトップ当選をすることができました。平成22年10月のことです。

28歳で市長に初当選した藤井浩人被告
=2013年6月、岐阜県美濃加茂市
 さて、市議時代の活動が、今回の事件容疑となるわけですが、26歳で市議となり、政治家としての基礎がない私は、様々な分野の勉強会や視察に出かけ、資料や本を読みあさり、地域や市民活動にも参加するなど、がむしゃらに行動していました。学びを進めることで、共に切磋琢磨できる地方の若手政治家が全国には何人もいることも知ることができ、その活動範囲は加速しながら拡がっていきました。

 逮捕から数日経った取り調べの中で、警察官から「市議ってこんなに勉強するものなのか?専業じゃないんだろ?」と押収した資料の量や中身について話をしたときのことが印象的で、私のスタンスとは異なる地方議員像を警察は私に当てはめていたのだろうと感じました。

 議員としての活動が手についてきた頃、23年3月11日。東日本大震災が発災しました。議員としてできることに限界を感じながらも、結果的に役に立てたのかは不明ですが、支援物資を集め、3月中に被災地福島県に届けることができました。その後、何度もボランティアとして現地を訪れましたが、震災復興に対して何ができるのかを考える一方で、美濃加茂市における災害に対する備えの不十分さに強い危機感を持ちました。

 災害時の備蓄品や、避難方法、インフラのメンテナンス、情報発信など、災害に対する対応についてほぼ毎回の議会において質問を行い、市の執行部に対して提案を行い、議員としての活動に努めました。

 そのような活動を進める中、自然エネルギーに対する資料収集や勉強会を通じて、ある男性と出会うこととなりました。男性は、様々な分野の斬新なアイデアを持っており、私もそれなりの知識を持っていたため会話は弾みました。

 そして、再度、話をする機会を設けた際、私に現金を渡したとするN氏が現れました。紹介してもらった男性同席のもと数回の会食を行い、使われなくなった学校プールの水を災害時の生活用水としての利用を目的とした、確かなメーカー元である浄水器の実証実験が市の費用負担ゼロで始まりました。

 N氏が融資詐欺を繰り返していた人間だったという事を逮捕により知るわけですが、私としては当時、数十人数百人の人と出会い話をする中でも、N氏の人間性と思惑を見抜けなかったことは反省しています。

 そして私は市長就任から約1年を迎えたころ、逮捕されました。26年6月24日早朝、目が覚めると自宅の周りにはおびただしい数の記者。近所迷惑になることは明らかであり、急いで支度を済ませ市役所へ入ると、まもなく愛知県警から携帯電話に連絡が入り、任意動向に応じて警察本部へと連れていかれました。

 少し前から、テレビや新聞の記者が家にくることがあり、何事かと警戒はしていましたが、現実に何が起きているのか把握できなかったのが正直な感想です。すぐに帰ってこられると自信を持ちながらも、これだけの騒ぎは簡単におさまらないのではないかと強い不安を感じながら、移動車内でTwitterにメッセージを書き込みました。

 私の乗せられた車には、何台ものマスコミの車が追跡していることが窓からもよくわかり、県警本部の入り口ではフラッシュがたかれ、ニュース番組を見ているかのような錯覚に陥りました。