最近、明治維新は誤りであったとの説が流布している。曰く、「江戸幕府には当時最高の人材がそろっていた。その中で徳川慶喜こそ真に日本の指導者にふさわしい人物とみなされており、慶喜に任せておけば当時最高の人材を網羅した政府ができたはずだ。それを吉田松陰の弟子たちの長州や西郷隆盛に率いられた薩摩らテロリストがぶち壊した」と。

 これは謬論(びゅうろん)である。この説が理想とする人材網羅政権で何ができようか。そのような政権で、富国強兵、殖産興業、日清日露戦争の勝利以上の成果が見込めたのか。既成勢力の寄せ集めなど、しがらみだらけで何もできまい。間違いなく、廃藩置県どころか版籍奉還も不可能だっただろう。

 「当時」最高の人材を集めたとて、従来の価値観では立ち行かないときに、何ができようか。松陰や西郷がテロリストなど、何をいまさらである。薩長とて、勝ち残らなければ水戸の天狗党や天誅組のように、テロリストとして歴史の闇に葬り去られたに違いないのだから。

 言うなれば、「江戸全肯定、維新全否定」史観は、明治政府の「江戸全否定、維新全肯定」史観の裏返しにすぎない。明治政府が立場上前政権を全否定したのはわかるとて、維新から150年もたって公正な歴史評価が可能な時代に、なぜ極端な歴史観を持ち込む必要があるのか。ただのウケ狙いか?

徳川慶喜肖像写真(茨城県立歴史館蔵)
徳川慶喜肖像写真(茨城県立歴史館蔵)
 徳川慶喜は確かに行政を切り盛りするという意味では最高の政治家だった。しかし、「未来への意思」が決定的に欠けていた。

 証拠を一つ挙げよう。慶喜が文久の政変で政権に就いて以降、最も重視した政策が兵庫開港問題である。幕府は不平等条約で約束した兵庫の開港を先延ばしにしていた。病的な攘夷(じょうい)論者である孝明天皇への遠慮から、京都と目と鼻の先である兵庫の開港を引き延ばしていたのだ。慶喜は大政奉還後も兵庫開港問題こそ日本の最重要課題として扱っているのである。

 維新により現代に至るまで、兵庫開港問題など、何のことかと多くの日本人が忘れている。わが国は開国しているのだから、何のためにそんな問題で何年ももめたのかすらわからないだろう。だが、慶喜や多くの日本人は、のめり込んだ。そして、何が大事なことかを忘れていた。

 大久保利通には未来が見えていた。その大久保を支え、泥をかぶったのが西郷だった。大久保の智謀(ちぼう)と西郷の実行。この二つが掛け合わされたとき、奇跡が起きた。鳥羽伏見の戦い。西郷が三倍の敵の猛攻を支え、大久保が錦の御旗を翻したとき、徳川軍は雪崩現象を起こして潰走(かいそう)した。大久保にとっては国づくりの始まりだが、「工作員」としての西郷の人生はここに完結する。

 その後、二人は愛憎入り混じる中で悲劇的な最期を遂げることとなる。二人の行き違いは、討幕御一新をどのようにとらえたかの違いだろう。大久保にとって討幕は、政治家人生の通過点だったが、西郷にとっては終着点だった。あえて言うなら、西郷はカストロではなく、ゲバラの生き方をたどったのだ。

 さて、読者諸氏は私が西郷の人間的欠点を指摘したとて、この古今無双の英雄を嫌いになるだろうか。

 そもそも、人間の評価に100点と0点など、あろうか。人間の長所と短所は、裏表なのだから。たとえば、「思慮深い」は「気難しい」、「正義感が強い」は「人の好き嫌いが激しい」といったように。西郷はそれに加え、「臨機応変」だが「きまぐれ」で、「意志が強い」だけに「妥協を知らない」と続く。そして、破滅的な性格だった。

 私は著者として自信を持って言うが、小著『工作員・西郷隆盛 謀略の幕末維新史』を読めば、西郷のことが好きになると思う。本書では、人間西郷の痛みや苦しみ、そして弱さを赤裸々に描いた。乞う御批評。