だが、当時、広島の監督は、山本浩二氏。東京六大学時代から田淵幸一氏と3人で苦楽を共にし、ときにはライバルとして、ときには同期生としてしのぎを削ってきた大親友である。その親友からチームの主軸を奪うことが心苦しくなかったか?と聞くと「筋を通した」という。

「カネがFAになったとき、浩二に“獲りにいってええか”と聞いたんや。そしたら“出ていくならええよ”と。浩二の了解を得たんやから、遠慮はいらんわな(笑)」

 後に山本浩二氏は「出ていくとは思わなかった。仙ちゃんに強引にやられた」と悔しがったそうだが、星野監督は、親友だからこそ、なおさら「信義」を大事にした。
 
 親友の了解を得てからの星野氏の動きは早かった。FA交渉が解禁になるとすぐに交渉舞台を設定して自らが出馬した。いかに阪神の変革に金本が必要かを、あの球界屈指のスピーチ力で説いた。

 もはや有名になっているが、「球界全体を考えろ」「おまえは俺と一緒に歩むことなっている」などの名セリフを投げかけ、「とにかく早く(判子を)押せ!今すぐ決めろ!」と即決を迫ったという。半ば脅しだった。

「カネには、広島愛がある。“考えます”と時間を与えたら、迷うことは間違いない。だから、あのときは、すぐ決めさせないとあかんかった」

 当初、提示した条件は、3年9億円(金額は推定)。星野氏の大迫力に押された金本は、「すぐ(判子を)押しますから4年契約にしてください」と要求したという。おそらく、そうでも言えば、もう少し考えるための時間稼ぎができると考えたのだろう。だが、そこでの対応が、また星野氏流だった。

「わかった。4年でOKだ」と、その場で4年12億円(金額推定)の条件を認めて判を押させたのである。即決即断。そのスピード感と決断力は一流企業のリーダーと共通した部分。久万オーナーからの“全権”をもらっていたといえど、今までの阪神では考えられないような決断力だった。

 実は、この時、狙っていた元ヤクルトのロベルト・ペタジーニの争奪戦で巨人に敗れ、FA交渉していた中村紀洋氏も近鉄残留を決め、“星野構想”が頓挫しかけていた。それだけに金本氏は絶対に欲しい戦力だったのである。