慰安婦問題とは何か


 いわゆる「従軍慰安婦」の問題が、日韓関係上で不和の火種になっている。この最悪の日韓関係の中で、反日や嫌韓などの書物が氾濫している。私は、そうした類に加わるのではなく、戦争とセックスの関係、性と政治が深く関わっている韓国社会を理解するために、より根本的な問題に挑戦している。単に日本を責めるだけではなく、他の多くの国家、様々な戦争などを通じて性を考察することが、私の研究テーマである。その脈絡から、つまり、「戦争と性」「韓国社会と性」に関するものとして、この問題を考えたい。

 戦争とセックスに関する私の考え方の原点は、1950年の朝鮮戦争にあり、私が10歳の時の体験にある。そして、韓国の味方であるはずの国連軍によって行われた婦女暴行が凄惨を極めたのを、私は体験的に知っている。

 私の生まれ故郷は、儒教的な倫理観が強かった村であったが、戦争という不可抗力と、性暴力の恐怖によって、住民たちは売春婦、つまり「米軍慰安婦」を認めざるを得なかった。国連軍は平和軍であり、共産化、赤化から民主主義を守ってくれる天使のような軍だと思われていた。だからみんなが手を振って迎えたのに、村の女性に性暴行するとは、思いもよらないことであった。その国連軍に翻弄された小さな私の故郷の村は、売春村となった。

 人間の性欲は満足させるか、抑制させるべきか。性欲には極端な快楽性があり、時に犯罪の源にもなっている。現代でも、繰り返される痴漢騒ぎと、それに対する「女性専用車両」など、男性を危険視し、あるいは非人間化する傾向がある。多くの宗教は禁欲主義的でありながら、人間社会の基礎である性を完全に抑制することはできていない。

 満足か抑制か。前者の例は遊郭などでの売春であり、後者の例は去勢による宦官制度である。遊郭=廓などは離脱的な文化であって、戦争期などには、より乱れる現象がある。だが、売春は性を乱れさせるだけのものではない。先述したように私の故郷では、売春婦たちによって、一般の女性たちが性暴行を免れることができた。いま問題となっている慰安婦問題にも、そうした側面があったのか。つまり、売春によって性暴行を防ぐためのものであったのか。あるいは、それ自体が性暴行、性奴隷であったのか。こうしたことを検討しなければならない。
※写真はイメージ(iStock)
※写真はイメージ(iStock)
 では、もう一つの側面である、性欲の抑制、禁欲についてはどうだろう。家畜に施す去勢が、人間にも有効なのであろうか。実際、人間に対する去勢が制度として成り立っていた地域もあった。李王朝の宮中には、去勢された男の「内侍」が存在した。

 私は、日韓間の政治的な葛藤の問題も、性の認識に対する根本的な差があると思う。それは、韓国はセックスについての貞操観を主張するのに対して、日本は性を満たすような点があり、このあたりが対照的に感じるのである。そして、それをあえて政治に利用しているのではないかと思っている。

 性は、夫婦愛や恋愛といった次元で管理されることが多いが、若い成年男性に性欲を抑制させることは難しいものである。ましてや、死と闘う軍人に性欲を抑制させるのは、ことさらに難しい。いま問題になっている慰安婦などがその例である。性交自体は犯罪行為ではない。社会や時代によっては、男性が女性をある程度強く誘うということが許されていたこともある。