どう見ても、これは朝青龍の認識のほうが正しい。このウルトラ現実主義ゆえに、朝青龍は巡業をサボって「草サッカー」をやって追放されてしまった。

 日本ではどんなものにでも「道」をつけて、精神的なものに仕立てあげる。そして、入門してきた弟子たちに、精神を磨かせ、精進して道を究めさせるということになっている。「華道」「茶道」「書道」「剣道」「合気道」―みなしかりだ。

 しかし、「華道」は花を活(い)けること、「茶道」はお茶をいれること、「書道」は筆で文字を書くことである。いずれも精神性などなくともできる。例えば、○○の花は茎を何センチに切って、角度は何十度に活けるなどとやれば、「華道の精神(心)」などなくても作品はでき、できた作品には心が宿っているように見えるだろう。

 しかし、実際にはそうは言わない。「いまこの季節を感じさせるように、心込めて、このように、こうして剣山に1本ずつ差していきます」などと言うだけだ。これでは、入門して自分の目で確かめなければなにもできない。

 そう考えると、日本の「道」は、本当はマニュアル化できてしまうのに、わざとそれをつくらずに、ない心をあるように見せかけているだけのように思える。まさに、ものすごいビジネスの知恵である。いまは、3Dプリンターでなんでもできる時代だ。かつて匠の技とされたものは、分解再生すれば、単なる複雑な工程にすぎない。どこに、道を究める必要があるだろうか。

 相撲道も同じだ。マニュアル化、定義化したら、ないことがバレてしまうので、精神性にすり替えている。ルールブックを整備し、フェアプレーだけにしてしまうと、「道」も「品格」もなくなってしまうだろう。

2010年7月、各部屋の力士が持ち帰る、解雇された
元大関琴光喜の名前が入った大相撲名古屋場所の番付表
=愛知県体育館
 しかし、いまだに騒動が続く相撲界を見て思うのは、ここまで事態が泥沼化したというのに、なぜ誰もハッキリと真実を言い、私にクレームした「正義の使者」たちのような提言をしないのだろうか。相撲は虚構の上に成り立っているのだから、スポーツから外しましょうと。

 いまだに相撲は新聞ではスポーツ欄に載り、テレビではスポーツニュースとして報道される。NHKは全国に生放送して、「一番一番」を垂れ流している。注射力士たちがトクをして、ガチンコ力士がソンをしているなどと、一度も言ったことがない。

 それにつけても思うのは、角界を去っていった力士たちが、この状況をどう見ているのだろうかということだ。ばくちで負け続けて借金がかさみ、朝青龍に27連敗した元大関琴光喜はなにを思っているだろうか。2011年の八百長事件で、八百長を認めざるを得なくなった恵那司、春日錦、千代白鵬の3人は、どうしているだろうか。「立ち合いは強く当たって流れでお願いします」とメールした清瀬海はどうしているだろうか。

 テレビ局よ、できればこうした元力士たちを生出演させて、思い切り語らせてほしい。このままでは、この騒動に千秋楽は訪れないだろう。