そもそも4年に一度のオリンピックは、選手にとってなかなかポジティブな精神になれないものです。ポジティブになろうとしてもプレシャーが増幅するだけです。そういう意味でも自分ができることを値踏みできる力が必要になります。自分の状態に見合った意識に変えていくことができるのです。トップ選手の多くはこの能力を持っています。

 また、「縦型思考」と「横型思考」があって、普通の人は横型です。今回のフィギュアスケートショートプログラムも、素晴らしい演技をした羽生を目の当たりにしてしまったライバル選手が次々とミスをした。これはだれかと自分を比較してしまう横型なんです。縦型思考ができる選手は、オリンピックのような大舞台で能力を発揮できるケースが多いのです。

 一方で、羽生は「発明ノート」という練習日誌をつけていると聞いています。コーチからいわれなくても、自分が練習でできたことやできないことを自己分析して、セルフコーチができるんです。なぜできないのかを逆算して客観評価できる。うまくいかないのは目標の置き方であり、それを再設定できない場合です。
男子SPの演技を終え、笑顔の羽生結弦。右はコーチのブライアン・オーサー氏=2018年2月、江陵(共同)
男子SPの演技を終え、笑顔の羽生結弦。右はコーチのブライアン・オーサー氏=2018年2月、江陵(共同)
 これは「ダブルゴール」といって最高目標と最低目標を明確化する手法です。うまくいかないときは最低目標を目指せばいいわけです。仮に羽生が風邪をひいて、徹夜明けでフラフラでも、できるものを最低目標に置くという考え方です。

 これまで自己コントロール能力を中心に話しましたが、周囲の人たちをうまく取り込める能力も羽生にはあると思っています。たとえば、絶対に自分を理解してくれる人の存在を大切にする。羽生の場合は、まず、コーチです。調子が悪くて自身の判断で4回転サルコーに変えても理解してくれという安心感です。これは選手に大きな精神的余裕をもたらします。

 私はこうしたメンタル面の鍛錬は、一定の知見を持った専門家が指導することによって、生まれながらにその能力が備わっていなくても、可能になると考えています。よく、普段の試合では勝てるのに、オリンピックになると勝てない選手がいますが、欧米では、これらのスポーツサイコロジー(スポーツ心理学)がかなり普及しており、克服しているのが現状です。米メジャーリーグやドイツのサッカーチームなどにも専属の専門家がいるぐらいです。

 日本では、まだスポーツサイコロジーを取り入れている選手は少数です。選手一人ひとりの身体能力や、指導力なども日本は向上し、世界に通用する選手は増えていますが、将来的にオリンピックやワールドカップといった大舞台でこれまで以上に勝てるようになるにはこのスポーツサイコロジーをもっと取り入れていく必要があります。

 羽生は今日のショートプログラムのように、「獲得型」をうまく活用できれば金メダルは期待できます。さらに、肉体的、身体的な衰えなどがなければ、3連覇、4連覇も現実としてありえるのではないでしょうか。(聞き手、iRONNA編集部 津田大資)

 ふせ・つとむ スポーツ心理学博士。昭和38年、東京生まれ。スポーツ心理学を応用したトレーニング指導会社「Tsutomu FUSE, PhD Sport Psychology Services」代表取締役。慶応大講師、慶応大スポーツ医学研究センター研究員。ノースカロライナ大グリーンズボロ校大学院にて博士号取得。高校時代、早実野球部で全国準優勝、慶応大野球部で全国大会優勝。これまでに、プロ野球、Jリーグ、社会人、大学、高校のチームや選手を中心にメンタル指導を担った。