いずれにしても、過去や未来に心が囚(とら)われた状態では自分のパフォーマンスを十分に発揮することにはつながらない。

 「競技への集中力の高さ」は羽生選手の演技を見ていれば誰もが感じるところであるが、当然のことながら、彼も過去や未来への囚われと戦いながら日常を生きているだろう。

 しかし、演技中の彼からは、その囚われは全く感じられない。競技中にマインドフルな心の状態を保つ術を身につけているのであろう。

 もしかすると、彼が愛してやまない「くまのプーさん」は、その一翼を担っているのかもしれない。過去や未来に意識が及んでしまって、「今」目の前にある課題に集中できなくなっているときは、身体の五感を使って、自分の身の回りの環境を体感することが、マインドフルな心の状態を高めるとされている。
男子SPの演技を終え、ブライアン・オーサーコーチ(手前)と抱き合う羽生結弦=江陵(共同)
男子SPの演技を終え、ブライアン・オーサーコーチ(手前)と抱き合う羽生結弦=江陵(共同)
 例えば、演技前にプーさんのぬいぐるみやグッズを触って、その感触を確かめたり、弾力を感じたりする。視覚を使って、その愛らしいフォルムを眺める。あるいは、時に匂いを嗅いでもよいだろう。
 
 そのほかには、観客の歓声を一つの環境音としてただただ聞いたり、周りを通る人の足音に傾聴したり、シューズで地面の感覚を足の裏で感じてもよい。彼は数十個のイヤホンを所有するほどこだわりを持っているようだが、周りの音をシャットアウトして好きな音楽を聴くことがその機能を持っているのかもしれない。
 
 つまり、過去や未来への心配や不安に気持ちが及んでも、とにかく「今」自分の身体や周りに起こっていることに注意を向けることを意識するのである。

 もちろん、実際に彼がどんな形でマインドフルな心理状態を作り出しているかについては、誰にも分からない部分があるし、仮にプーさんに触っていたとしても彼にとっては一つのルーティンであり、経験的に学習された準備の一つであろう。
 
 いずれにしても、五輪の大舞台でいかんなく力を発揮した彼の精神力は、心理学的にみても、ただただ驚かされるばかりである。