韓国のメディアではしばしば「良心的」と評される日本知識人が登場する。韓国の報道、教育現場における「反日」の実態について研究している韓国人の崔碩栄(チェソンギョン)氏はこう指摘する。

「韓国メディアではいつも決まった日本の識者が重宝されています。彼らが韓国の姿勢や主張に背く発言をすることはほとんどなく、その一方で日本に対しては厳しい姿勢をとるのが普通。日本のメディアでは日本批判をする外国人が有難がられる傾向がありますが、韓国では逆に韓国寄りの発言をする日本の識者ばかり。非常に偏っているのです」
 
 では、韓国メディアに登場する日本の識者は、竹島や慰安婦、徴用工などの問題で、具体的にどのような発言をしているのだろうか。

 こうした記事で頻繁に登場するのが韓国・世宗大学教授の保坂祐二氏だ。日本による朝鮮統治の研究が専門で、同大「独島(編集部注・竹島)総合研究所」所長を2008年から務める。韓国では竹島研究の第一人者として知られ、“独島の番人”と呼ばれる。

 東京大学卒業後、1988年に韓国に渡った保坂氏は、高麗大学大学院で政治学博士号を取得。1998年に世宗大学の教員となった。2003年に韓国に帰化。文在寅氏の大統領選ではブレーンの一人に起用された。韓国外交部の諮問委員や韓国独立記念館(*注1)の非常任理事なども歴任している。

【注1/日本統治時代の“被害”や独立運動の歴史資料などを集めた博物館。天安市にある。】
竹島が記載された古地図を確認する山下雄平・内閣府大臣政務官(左)=2017年9月19日、松江市殿町の島根県竹島資料室(撮影・小林宏之)
竹島が記載された古地図を確認する山下雄平・内閣府大臣政務官(左)=2017年9月19日、松江市殿町の島根県竹島資料室(撮影・小林宏之)
 現在は韓国籍だが、韓国では“日本を正す良心的な日本人”のように扱われている。保坂氏は例えば、韓国の日刊紙「世界日報」(2017年10月24日付)の「独島番人教授が伝える“独島が韓国領土”である3つの理由」と題した記事では、竹島について〈韓国の領土である〉、〈独島の主人は“韓国”だという結果になる〉などと繰り返し述べている。