竹嶋渉(元在韓ジャーナリスト)

 「アシカが『独島守備隊』になって『独島』を守る」。昨年、こんな内容の幼児向け国策アニメが韓国で製作され、全国の幼稚園・小学校などに配布された。当時、日本でも一部の好事家(韓国ウォッチャー)の間で話題になったが、実際に鑑賞する機会がなかったためか、今では韓国でこうしたアニメが製作されたこと自体、忘れられている。最近、筆者は実際にこのアニメを全編鑑賞する貴重な機会を得た。以下、この「幼児洗脳」を目的とした反日アニメの内容と、その製作の背景について述べてみたい。

 タイトルは『独島守備隊・カンチ』。「カンチ」とはアシカのことである。このアニメは3Dで製作され、10分余りの5つのチャプターがつながった1時間ほどの短編アニメである。対象である幼児を退屈させないための配慮もあるのだろう。あらすじは次の通りである。

 厳然たる大韓民国の領土、独島。この島を守るのはカモメの「独島守備隊」。しかし、独島は侵略の危機に瀕(ひん)していた。独島周辺の「燃える氷(メタン・ハイドレード)」を狙って、タコの化け物が襲撃を繰り返していたからである。島の守り神・古木の聖霊が「独島を守るために、神秘の石を持っているアシカを見つけろ!」と述べたことから、カモメたちは神秘の石を持つアシカを探すために旅立つ。カモメたちは場末のサーカス一座で芸をするアシカが、実は母譲りの神秘の石を持っていることを知り、アシカを独島に連れてゆく。自らの使命に目覚めたアシカは、独島を守る覚悟を決めて、友人たちとともにタコ一味と対決する。タコ一味の卑劣な策謀によって一時は危機に陥るものの、島の中心部に埋蔵されていた巨大な神秘の石の魔力によって、敵を撃退。独島を侵略から守ったアシカと友人たちはそのまま島にとどまり、独島の守備警護に当たるのだった…。


 このアニメは、慶尚北道文化コンテンツ振興院という自治体の機関とピクセル・プレイネットという企業が共同製作したもの。企画は政府機関である海洋水産部(日本の農林水産省に当たる)と慶尚北道が共同で行っており、事実上の「国策プロパガンダ映画」と見ていいだろう。報道によれば、「2015年から2年間、各分野の専門家が丹精し、徹底した企画とストーリー構成を行った」とあり、確かに随所で高度な映像技術が用いられている。

 ただ、いかんせんアニメの内容が、ジブリ映画『天空の城ラピュタ』にそっくりなのである。主人公がそれと知らずに「神秘の石」を持っていたり、神秘の石が光を発して独島のある方角を指し示したり、ストーリーの最後で島の内部に埋蔵された巨大な石の力によって奇跡が起こったりするシーンは『ラピュタ』そのままである。