海野素央(明治大学教授、心理学博士)

 今回のテーマは「安倍首相とトランプ大統領の気になる類似点」です。読者の皆さんは安倍晋三首相とドナルド・トランプ米大統領の類似点は何かと質問されたら、即座にゴルフと回答するかもしれません。安倍首相とトランプ大統領の共通点は、エスタブリッシュメント(既存の支配層)であるとみている読者の方もいるでしょう。 

 ちなみにゼミ生(3年生)に同様の質問を投げかけてみると、「トランプは移民とマイノリティ、安倍首相は民進党をスケープゴートにしている」「トランプ政権と安倍政権は共に集団思考の罠にはまった多様性の無い組織である」「国民に『強いリーダー』であることを示している」「国民の関心を国内から国外に向けている」及び「政権誕生の経緯が類似している」という回答が返ってきました。それらに加えて、安倍・トランプ両氏の類似点に「効果的なメッセージを発信している」「国民の不満を汲み取って代弁している」「考え方が右寄り」「軍事増強路線である」「メディアを敵視する」も挙がりました。本稿では、政治手法における両氏の類似点を探ってみます(図表)。
 安倍首相は日米首脳会談を終えて帰国すると、その足でBSフジ「プライムニュース」及びNHK「ニュースウオッチ9」に生出演しました。前者の番組ではトランプ大統領と第3国について意見交換を行ったことを示唆しながらも、どの国かについては明言しませんでした。ところが、後者では解説委員の質問に対して国名を挙げて一歩踏み込んだ回答をしています。同首相はテレビ局並びに記者を選別し利用していると言われています。

 一方、トランプ大統領はテレビ局選別の傾向が顕著に出ています。筆者の観察によれば、同大統領は米テレビ局を「フォックスニュースとその他」に分類しています。フォックスニュースの中でも、政策を正当化しセールスする番組として特に朝の「フォックス&フレンズ」及び夜の「ハニティー」を利用していることは明らかです。今回のジェームズ・コミー米連邦捜査局(FBI)長官解任に関しても、同大統領はフォックスニュース「ジャスティス」という番組に出演して解任理由を説明しました。

 安倍首相は読売新聞(2017年5月3日付)のインタビューに応じて憲法改正にかける思いを語り、同首相の核となる支持者にメッセージを発信しています。核となる支持者とは、言い換えれば改憲派の安倍信者ないし固定客です。

 同様に、トランプ大統領もトランプ信者ないし固定客をかなり意識した演説や政策を打ち出しています。同大統領の信者の中には白人労働者に加えて、軍人及びキリスト教右派がいます。

 5月12日、トランプ大統領はファーストレディのメラニア夫人と一緒に軍人の配偶者並びに母親をホワイトハウスに招待して母の日を祝うイベントを開催しました。翌日13日、同大統領は南部バージニア州にあるキリスト教右派のリバティ大学の卒業式で演説を行っています。リバティ大学を訪問するのは選挙期間中を含めると3回目です。1つの大学を3回も訪問しているのです。演説の中で、同大統領は若き軍人の卒業生及び参加者の1人である98歳の退役軍人を称賛しました。