実際、会見ではメディアを敵視するような発言もあった。まるで自分たちは弱者であり、報道の「被害者」であるかのように訴える論陣を張った。何度も繰り返すが、そもそも「白か黒か、敵か味方か」の発想そのものが、パワハラのような心の問題にも微妙に影響する。この騒動で苦しんでいる当事者たちの気持ちに少しでも寄り添えば、誰もができるであろう、ちょっとした気遣いを教育者である彼女はなぜできなかったのか。

 むろん、谷岡学長に限った話ではない。生徒のことよりも「立場や組織を守ること」に無意識に縛られる教師は珍しくない。だから学校は悩める子どもたちの味方になれない、あの会見で改めてそのことを思った。

 教育の世界やスポーツ指導に携わる人が、どうしてそこまでシロクロにこだわるのだろうか。いみじくも谷岡学長は会見の後半で、伊調馨選手が「私は相手を倒そうとは思っていない」と話したことへの驚きと感動を語った。

 伊調選手は、谷岡学長の知る領域を超えてレスリングの、そしてスポーツのもっと深い次元に思い至った。その成長になぜ素直に寄り添えないのか。

 内閣府に提出された告発状には「練習場がない」という訴えもあったが、谷岡学長はこの件についても「私が許可すれば、いつでも伊調馨は至学館のレスリング道場を使える」と発言し、告発者の訴えを切り捨てた。
世界選手権日本代表強化合宿の公開練習する 伊調馨選手(中央)ら
=2013年9月、東京・北区
世界選手権日本代表強化合宿の公開練習する 伊調馨選手(中央)ら =2013年9月、東京・北区
 谷岡学長はなぜ、伊調選手が至学館レスリング道場を本拠にしたくないと思っている気持ちすら理解できないのか。もし、今の道場の空気が本来あるべき姿と違っているのなら、何をどう改善すべきなのか、彼女の立場であれば真っ先にそこに思いを寄せるのが筋だろう。

 そうした「思考の硬直化」もまた、谷岡学長に限ったことではない。多くの場合、地位や権力を得た者が立場を守ろうとすると、自分の常識や前提を打ち破ることができなくなる。しかし、自分より下の立場の者であっても、先を越して活躍したときはその喜びを素直に受け入れる慣習を私たちは今こそ学ばなければならない。いや、日本社会はそういう時期に直面しているのだと思う。

 ただ、もし谷岡学長の「怒りの会見」によって、多くの日本人がはっきりとそれに気づかされ、共有できたとすれば、「スポーツ界が大きく変わる歴史的出来事になった」と言える日がいつか来るのかもしれない。