結婚の延期が発表された秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さん。その原因のひとつとされているのが、昨年末に『週刊女性』が報じた、小室さんの母・佳代さんと、その元婚約者A氏との「400万円金銭トラブル」だ。

 「私は、なにも結婚の邪魔をしたいわけではありません。ただお金を返してほしい。それだけなんです」。佳代さんの元婚約者・A氏はそう語る60代の外資系商社マンのA氏は、小室家に多額の“援助”をしたことで、自宅マンションのローンを払えず引っ越しを余儀なくされ、愛車のジャガーも手放した。A氏に詳しい経緯を聞いた。

 「私はそもそも、佳代さんの亡くなった旦那さんと面識がありました。旦那さんの死後、“母子家庭だと、圭もいろいろと後ろ指をさされるかもしれない”と佳代さんが漏らすのを耳にして、圭くんのために父親代わりになろうと決めたんです。2010年夏に婚約して、神奈川県葉山町のレストランで佳代さんの家族にも紹介されました。その店では、後に眞子さまと圭くんが何度かデートをしたそうです。

 婚約期間中、佳代さんは私のことを『パピー』と呼んでいましたが、生活は別々でした。時々私がお邪魔して、一緒に食事をとったりした程度です。

 一度、圭くんの弾くピアノの音が原因で、マンションの住人のかたと騒音トラブルになったことがありました。圭くんに音楽の英才教育を施したかったからでしょうか、佳代さんはピアノのボリュームを落とすのではなく、クレームを抑え込むことに躍起になっていました」

 婚約直後の2010年10月、A氏は佳代さんの求めに応じ、小室さんの大学の入学金約45万円を渡した。以降大学の授業料や留学費用という名目で、2年の間に計約440万円を工面した。

 「佳代さんはセレブへの憧れがあったようで、高級なレストランやリゾート地での別荘ライフが特集された雑誌をよく読んでいました。アンティーク家具にも興味があったようです。“ギャラリーを開くのにいいところを見つけたの”と、鎌倉の物件を見にいったこともあります。正直、“そのお金は誰が出すのか…”と思いました」

 度重なる「財布扱い」に嫌気が差したA氏は、2012年9月、婚約解消を告げた。

 「意外にも、最初はあっさり“あ、そうですか”と。“私が料理を作らなかったからですか?”と、少し的外れな質問もありました。本当かどうかはわかりませんが“あなたと婚約していたから、私は別の男性からのプロポーズを断ったんだ”ともうらめしそうに言われました」

 翌年夏にお金の返済を求める手紙を送ると、秋も深まった頃に佳代さんと小室さんが1通の手紙を携えてやってきた。

 「弁護士と相談して書いたというその手紙は、冒頭から私の名前の漢字が間違っていて、まずそこに驚かされました。私が渡したお金を贈与だと認識しており、返済の意思がないことが綴られていました。圭くん本人も、その場で“返すというか、もともと贈与だと認識しています”と、母親の援護射撃。そのお金で、留学に行けたというにもかかわらずです。

 さらに、私から一方的に婚約破棄され、精神的な傷を負っているともありました。もしかしたら佳代さんのいう“プロポーズを断った”ことで逃したチャンスも含まれていたのかもしれません」

 以降、佳代さんたちからA氏への接触は途絶えた。「金銭トラブル」が世間の話題をさらってなお、なんの音沙汰もない。