中村武生(京都女子大非常勤講師)

 「坂本龍馬は新選組に入ったかもしれない」。こう言うと、この筆者はなんと奇をてらっているのかと、読者の方は思われるかもしれない。

 新選組は京都で龍馬の命を狙った組織の一つである。言わずもがな、龍馬は徳川公儀(幕府)を倒そうと東奔西走し、新選組は公儀を維持しようと尽力した。全くの水と油の関係である。その組織に龍馬が入るはずがない、と思うのも無理はない。

 だが近年、明治維新政治史は飛躍的に実証研究が進んでいる。その成果は従来のわれわれの常識を小気味よく裏切りつづけている。どうか以下の話をお読みいただきたい。

 文久2年6月(1862年7月)、薩摩の実力者、島津久光が勅使を奉じ、約1000の兵を率いて江戸城に乗り込み、政治改革を推し進めた。一般に文久の改革とよばれる。この流れの中で、亡き大老井伊直弼の数年前に行った政策の多くが否定された。その一つが安政の大獄である。井伊の政治に反対して多数処罰された者たちが罪を許され、社会復帰を始めたのである。

 将軍後継候補だった一橋(徳川)慶喜や、越前松平家当主を隠居させられた松平慶永(春嶽)らがそれである。彼らはそれぞれ将軍後見職、事実上の大老である政事総裁職となり、徳川政治の中枢にのぼった。新しい政治の風が吹こうとしていたのである。

 これに反応したのが出羽庄内出身で、江戸神田御玉ケ池で剣術師範をしていた清河八郎である。同年閏(うるう)8月、清川は逃亡生活中だった。前年の文久元年5月、ささいなことで町人を殺害したからである。

 清河の見解はこうだ。いまだ大赦が広く行われていない。慶喜や春嶽ら身分の高い者に限らず、速やかに身分の低い者も対象にすべきである。この実行が今日の急務である。そうすれば、全国の人々はみなその恩を感じ、天子(天皇)の徳は天地に広がり、徳川将軍家の威光も四方に輝くだろう。もっとも、大赦の対象となる者の中には、清河自身や仲間が含まれると考えているのであるが。

 清河の考えに賛同したのが旗本の松平忠敏である。忠敏は新設の軍事学校、講武所で剣術教授方を務めていた。同じく教授方世話役で、清河と親しかった山岡鉄太郎(鉄舟)からこれを知らされた。
新選組が壬生で旗揚げし、最初に屯所を置いた八木邸=2016年12月、京都市中京区
新選組が壬生で旗揚げし、最初に屯所を置いた八木邸=2016年12月、京都市中京区
 折しも、米国など5カ国と通商条約を結んでからというもの、国内では浪士による要人や外国人へのテロが相次いでいた。例えば、井伊直弼が殺された桜田門外の変、英国公使を襲った東禅寺事件が起きた。また本来なら政治発言を許されない立場の浪士が、禁裏(朝廷)にも意見を述べるなど混乱が広がっていたのである。

 忠敏はこの状況を改善するため、浪士の取り立てには意味があると判断した。そこで江戸近郊の浪士のリーダーを選び、翌春に予定されている将軍家茂の上洛(じょうらく)に供奉(ぐぶ)させると主張した。天子(孝明天皇)が将軍に対して通商条約破棄(攘夷/じょうい)の期日を求めていた。その返事のために将軍は上洛する。