李相哲(龍谷大教授)

 4月21日、北朝鮮は核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験を中止し、平壌北部にある豊渓里(プンゲリ)核実験場を廃棄すると発表した。

 これに対し、韓国政府は「決定を歓迎する。全世界が念願する韓半島非核のための意味のある進展だ」と評価した。さらに、青瓦台関係者は「北韓がこれほど早く、しかも果敢な措置を取るとは思わなかった」と、北朝鮮の決定に応えるかたちで、2日後の23日、南北境界線沿いに設置していた対北朝鮮放送を電撃的に中止した。
 
 これらは南北首脳会談を意識し、「朝鮮半島平和体制構築」に向けて双方が行動を示したともいえるが、素直に喜べるものではない。なぜなら、南北首脳会談は北朝鮮の非核化を促すためではなく、世界を欺(あざむ)くための政治ショーで終わる可能性が高いからだ。
 
 まず、何のための首脳会談かを考えれば、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の目的は二つある。アメリカの圧力をやわらげ、軍事的な攻撃を回避することと、いち早く制裁を緩和させることである。

 韓国との融和ムードを演出し、平和的なイベントを続けていけば、アメリカの圧力をやわらげ、軍事衝突へ発展することを阻止できる。また、韓国をテコに国際制裁の包囲網を突破することも可能だ。韓国との経済交流、人道的支援の門戸を開くことにもつながるだろう。

 そして、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、保守政権の対北朝鮮政策を転換した結果、緊張状態は解消され、朝鮮半島に平和をもたらした「成果」をアピールできる。南北首脳会談というイベントをなるべく派手に、大々的に見せるのは双方にとってプラスなのだ。

 ただ、南北首脳会談が本当に実のあるものになるかは疑問だ。そもそも、会談は何かを解決するとか、結論を出すものではないからだ。南北とも非核化については突っ込んだ話をするつもりもなく、結論も出せないだろう。

 具体的に「北朝鮮の非核化」について話すのではなく、「朝鮮半島の非核化」について意見交換するに過ぎない。「平和体制構築」に向けて努力するという曖昧(あいまい)な「原則」には合意しても、いつまでにどのような方法で非核化を実現するかについては将来の課題にし、アメリカに委ねることになるだろう。

 また、北朝鮮は核開発をやめ、経済重視に転換したのではないかと思われているが、実際はそうではない。

 北朝鮮の労働党中央委員会で採択した「ICBM発射実験の中止、北部の核実験場の廃棄および核実験の中止」は、対内的には併進路線(核武装と経済建設を平行して進める)は勝利を収め、核保有国になったので、これから経済に注力するという宣言にほかならない。
韓国芸術団の公演を観覧に訪れた金正恩委員長(左)と韓国の都鍾煥文化体育観光相
韓国芸術団の公演を観覧に訪れた金正恩委員長(左)と韓国の都鍾煥文化体育観光相
 ただ、対外的には、もはや使いものにならない実験場を「廃棄」する姿勢をみせ、「非核化」に向けて行動したかのような印象を与えるだけなのだ。

 これまで6回の核実験を行った結果、プンゲリ核実験場の山は崩落が発生し、すでに9回も余震が起きている。昨年はこの場所で作業していた200人が死亡する事故もあった。そもそも閉鎖せざるを得ない状況にあることは言うまでもない。