ペマ・ギャルポ(拓殖大客員教授)

(ハート出版『チベット人が語る 侵略に気づいていない日本人』より)

 私は約半世紀にわたって、ここ日本国で生活し、その過程では多くの人にお世話になり、また、素晴らしい日本社会の道徳、倫理、伝統的価値観から、深く学ばせていただいてきた。しかし、同時に、その素晴らしい日本社会を、日本人自身の手で破壊しようとする傾向も、特に80年代以後に見えてきたようにも思う。

 その結果、今の日本社会は、本来日本が持っていた公共性や道徳、また価値基準を失いつつある。

 かつて日本には、社会のさまざまな対立や矛盾を、法律や金銭ではなく、お互いの対話を通じた相互理解で解決するべきだという精神、日本のことわざで言えば「罪を憎んで人を憎まず」という心があった。だからこそ「裁判沙汰」という言葉は決していい意味で使われていたのではなかった。

 しかし、今や、個人も組織も、ときには言論機関さえも、自分の正しさを裁判や法律にゆだねてしまう傾向が出てきた。昨(平成29)年12月に、NHKの受信料についての最高裁判決が下され、受信料支払いは義務であることが確定したとのことだが、NHKの放送内容がそれにふさわしいものであるかどうかについての真摯な議論は、そこにはなかった。

 多くの外国人が尊敬し、うらやむ日本社会の秩序や倫理は、決して法律や警察、そして裁判といった外的なある種の圧力で保たれてきたのではなかった。そこには、伝統によって立つ社会の道徳や倫理があった。それが「自由」「個性」「プライバシー」そして「国際化」といった掛け声のもと、どんどん破壊されていったのが、80年以後の日本の潮流だった。

 しかし、その流れは本当に日本社会を自由な、開かれたものにしていったかと言えば、そうではなく、逆に、どんどん伝統的な価値観を喪失し、国際的には閉じた、閉塞した社会にしていったのではないだろうか。

 最近のマスコミの報道を見る限り、取り上げられている問題の多くは、相撲界のことであれ、政治家のスキャンダルであれ、確かに法的には問題があるのかもしれないが、いずれも私から見れば些末な、今の日本が正面から取り組むべき問題とは、とても思えないものが多い。今、北朝鮮情勢が緊迫し、中国が覇権主義を強め、かつアメリカがやや内向きになりつつある中、果たして、今マスコミをにぎわす多くの記事が、まず第一に日本国民に知らせるべきものなのだろうか。
2017年5月、「一帯一路」をテーマに北京で開かれた国際会議で記念撮影に応じる中国の習近平国家主席(前列中央)とロシアのプーチン大統領(同左)ら(共同)
2017年5月、「一帯一路」をテーマに北京で開かれた国際会議で記念撮影に応じる中国の習近平国家主席(前列中央)とロシアのプーチン大統領(同左)ら(共同)
 そして、国際社会についての報道内容にも疑問がある。多くの報道によれば、日本政府は中国が現在主導している「一帯一路」政策を支持する方向だという。祖国チベットを中国に奪われた私から見れば、この政策は、中国の世界制覇、中華思想の野望を如実に示したものであって、単なる経済政策ではない。

 現在の安倍政権を批判し、時には非民主的だとすら決めつけている新聞社までが、なぜ、中国という巨大な独裁体制に追従しかねない日本の姿勢を何ら批判しないのか、私には理解しかねる。これまでも日本は「日中友好」の美名のもとに、経済支援によって独裁国家・中国を強大にしてしまった。私は、ふたたび同じ過ちをこの日本に犯してほしくはないのだ。