筆者は精神科医ではないため、診断や処方をすることが仕事ではないが、客観的に見て山口が診断基準を満たしているのは明らかである。ただ、ここで不可解なのは、TOKIOメンバーの松岡昌宏も記者会見で述べていたように、「メンバーから見ても明らかに『アルコール依存症』だと思ったが、どの病院でもそのような診断がされなかった」という点である。

 筆者はTOKIOメンバーの一連の発言を聞いてピンときた。アルコール依存症治療の現状として、専門的な治療につながるまで「アルコール依存症」という診断がつかず、内科などの病院から紹介されてくる例が多いからだ。

 そのほとんどは、アルコール性肝障害やアルコール性膵(すい)炎、肝機能障害などの内科疾患病名がついている。そして、その多くが長い間内科病院の入退院を繰り返している。つまり、内科医療機関が「イネーブラー」(何らかの依存症にある人物に対して、その依存状態を支えてしまう人)の役割をしてしまっているというパターンだ。

 例えば、一般的な医療機関では、仕事を普段通りしている人にアルコール依存症と診断しないことが多い。内科医なら上記の病名で、一般精神科なら「鬱病」「適応障害」「不眠症」になったりすることがある。このようなアルコール問題への適正診断ができない理由は以下の通りである。

 まず、アルコールを含む依存症全般について、医師の理解不足が上げられる。内科では、身体疾患や臓器を治すことが中心となり、就労を継続できているならまだ依存症ではないと認識されることが多い。

 そこでのアドバイスは「しばらく酒を控えるように」「肝機能の数値がよくなるまで酒はやめてください」という内容が多く、筆者の経験では飲酒する習慣のある医師ほどアルコール問題に寛容な傾向があると感じている。

 また、本人が診察で実際の飲酒量や、飲酒に起因する身体的症状を過少申告するため、問題飲酒の正確な実態が明らかになりにくい事情もある。アルコール専門医療機関では、本人が酒をやめなければならない状況に追い込まれているため、かなり進行した状態で家族や関係者が引っ張って受診させることが多く、そこで正確な飲酒実態が明らかになる。何らかの問題が表面化することで本人も問題飲酒を自覚する、つまり治療への説得がしやすくなるのである。
※写真はイメージ(iStock)
※写真はイメージ(iStock)
 さらに、「アルコール依存症」という診断名をつけてしまうと、昔からある「アル中イメージ(意志が弱い、だらしない)」から、社会的な偏見や不利益を考慮して、内科医がアルコール依存症と診断することに躊躇(ちゅうちょ)してしまい、本来のアルコール問題に介入できないという構造的な課題もある。

 このように、援助者がイネーブラーの役割を担ってしまうことを「プロフェッショナル・イネーブラー」と私たちは呼んでいる。本来は、患者の治療やケアのための行為が、実は依存症の実態を知らないために病気の進行のお手伝いをしてしまうという逆説的な状況になる。誰のための支援なのか、ということをわれわれは自戒する必要がある。

 以上の点を踏まえれば、山口にアルコール依存症という診断がなされなかったのは間違いないようだ。