また、今回の一件で筆者が特に懸念していることがある。それは、この一連の事件が山口のアルコール問題に矮小(わいしょう)化され、飲酒して病的酩酊(めいてい)だったから強制わいせつにあたる行為は仕方ないという論調の報道が一部でみられたからである。

 いわゆる「酒の席だから…」という日本古来の発想であり、そこに飲酒者の行為責任や被害者は存在しない。また、男性(上司)からのセクハラ行為に関しても「酒の席だから…」という言い訳が肯定されがちで、翌日問い詰めると飲んでいたから覚えていないというエピソードも多い。

 酒席での男性(上司)から女性へのハラスメントは、酒を理由にあたかもその行為が容認されるという価値観がいまだに存在している。これは、女性への性差別の問題とも関連しており、性犯罪を性欲の問題に矮小化することで、性暴力の本質が見えなくなる構造と非常によく似ている。

 ここに、この問題の難しさがある。つまり、社会に存在する偏見や歪んだ捉え方(認知の歪み)に同調することで、自らの責任性を追及される恐怖を回避したいという多くの人の願望が集約された心理が読み取れる。

 だが、コントロール障害をきたしている要因は飲酒の仕方であり、そこから派生する問題が今回の性暴力であって、同質のものではない。そして、言うまでもなく過剰な病理化は本人の行為責任を隠蔽する機能を持っている。

 そもそも、嗜癖モデルには被害と加害のパラダイムはなじみにくい。アルコール依存症という疾病モデル(ケア)と、性犯罪やDV(ドメスティックバイオレンス)の加害者更生という司法モデル(行為責任)を統合した捉え方が必要になるだろう。

 つまり、病気のケアという視点に加えて、加害行為に責任を取るという視点が不可欠である。加害者更生プログラムにおける「加害行為に責任をとる」とは、①再発防止責任、②説明責任、③謝罪と贖罪(しょくざい)の3点を含んでいる。これは、企業内のセクハラやその他のハラスメント研修にも応用できる視点である。

 本稿では文字数の関係から3点の詳細な説明は避けるが、詳しくは筆者が執筆した日本初の痴漢の実態を明らかにした専門書『男が痴漢になる理由』(イースト・プレス)を参考にしてもらいたい。

 では、上記の3点を踏まえ、山口は「加害行為に責任をとる」ということを前提にこの問題に向き合おうとしているだろうか。また、親であると公言しているジャニーズ事務所は、このような視点を持って今回の問題に対処しようとしているだろうか。答えはすぐに出るものではないが、これから被害者と向き合っていく上で参考にしてもらいたい姿勢である。
記者会見する山口達也=2018年4月、東京・紀尾井町
記者会見する山口達也=2018年4月、東京・紀尾井町
 結果的に、山口はTOKIOメンバーと話し合った末、事務所を退所するという選択をした。これ以上、TOKIOの仲間や育ててくれたジャニーズ事務所に迷惑をかけたくないという中での決断だったのだろう。

 そこで最後に考えたいのは、果たして山口は事務所を辞める必要があったのかということだ。この質問には賛否両論あるだろうし、外野の筆者がとやかく言うことでもないかもしれない。

 ただ、重要なのは、元財務事務次官のセクハラ問題のように「辞職」だけでは加害行為の責任を取ったことにはならない点である。ましてや、本件には未成年の被害者がいる。山口がアルコール依存症かどうか、つまり病気かどうかは被害者にとっては関係ない。今後、山口に求められるのは、本格的なアルコール治療に取り組むことはもちろん、「加害行為に責任をとる」ことに向き合いながら、被害者が納得のいく生き方を模索していくことだろう。