“くじ運”さえよければ、東大合格者ランキング上位の進学校に入れるかも──そんなふうに思わせる“大胆提言”を盛り込んだ報告書を文部科学省の有識者会議がまとめたのは8月29日のことだ。同報告書には国立大付属校の入試を「学力試験から抽選にする」という提案が含まれていた。

 国立大付属校のなかには、東大合格者102名(2016年度)の「筑駒」こと筑波大附属駒場など、進学校が少なくない。入試は最難関だが、「エリート校化して国立大学の教育研究に寄与する本来の機能を失っている」という趣旨で改革が提言された。実行に移されれば、影響は甚大だという。教育ジャーナリスト・松本肇氏が解説する。

「慶應、早稲田などの一流大学がAO入試など学力に依らない選抜方法を導入した結果、ブランド低下を招きました。国立大学付属校で抽選による選抜が導入されれば、同様のことが起きる。OBからは強い反発があるのではないか」

 筑駒OBには黒田東彦・日銀総裁らが名を連ねるが、本誌読者にお馴染みなのは、筑駒出身で高学歴AV男優の森林原人氏だろう。率直な感想を聞いてみた。

「僕は反対です。偏差値エリートを養成しているように見えるかも知れませんが、筑駒は生徒の自主性を重んじる校風で、ほとんどの卒業生が中高時代を楽しかったと思っている。母校に誇りを持っているから、様々な世界でOBが活躍できているのだと思います。官僚の友人は『霞が関では東大、京大は当たり前。だから“東大筑駒”のつながりが大切』と話していました」

 と真面目な答え。ただ、AV男優に学歴は関係ないのでは、と聞くとこう続けた。
(画像:istock)
(画像:istock)
「そりゃ、偏差値で女の子がイってくれるわけじゃないですから(笑い)。でも、先輩たちが作ってくれた母校のブランドで、周りから一目置かれることはある。そういう伝統がなくなるのは、やっぱり寂しい」

 文部科学省の担当者は「あくまで報告書は抽選での選考も検討されるべきとしているだけ」(大学振興課)と火消しに回っているが、省内に多数いるであろうOBからも、反対の声があがっているのだろうか。

関連記事