日大フェニックスは、カリスマ的な存在感を持っていた故・篠竹幹夫監督が、レギュラーを全員合宿所に入れて、徹底的にしごく超スパルタ方式で黄金期を作ったことで知られる。「犠牲・協同・闘争」のチーム方針の元、集中力を高め、甲子園ボウルで優勝を重ねて“サムライフットボール”と賞賛された。内田正人監督は、コーチとして故・篠竹監督を支えてきた人物である。

 高妻教授は、スポーツ心理学の観点から、選手が「ノー」と言えない日本独特の根性礼賛主義、指導者の古い経験主義などの文化、体質を問題視する。

 「私の話で恐縮ですが、空手部時代に指導者に“負けるくらいなら相手をノックアウトしてこい!”と言われて、その通りにしようとしたことがありました。今から40年以上も前の話です。前近代的な指導体系、チーム体質であるならば、選手が“指導者に言われたことをやらなかったときにどうなるか”という例をずっと間近で見ていくことで、よりプレッシャーを強く感じることになります。選手は、“できない”“やれない”と言って信用、立場を失うことを恐れます。ネガティブになります。そうなるとノーとは言えないのです。アメフットやラグビーといったコンタクト競技は格闘技的要素が強いものです。スポーツと暴力の境界線を守るためには、なおさらメンタルコントロールが必要になってきます。本来は、そのプレーをする理由を指導者が説明できなければなりません。私は、それを科学的根性論と呼んでいますが、目的を達するために何をどうするべきかをすべて説明し、選手が理解、納得した上でトレーニングという準備を行い、ミーティングでイメージを高め試合に入ることが必要なのです。そういった作業を省き“チームが勝つために言われたことをやれ!”というのは、何十年も前のティーチングであり、とてもコーチングとは呼べないものです。選手をポジティブな考え方にするには、まず指導者がコーチングを勉強しポジティブな環境に変えることが重要になります」
 
 そして高妻教授は、こうも続けた。

 「アメリカのカレッジフットボールの世界では、リーグが練習時間や年間の活動時間を制限しています。しかもコーチはプロです。例えばフロリダ州立大のアメリカンフットボール部では、その限られた練習時間内に、いかに効率的なトレーニングを行い、戦術を磨くかということが先鋭化されています。メンタルトレーニングに関しても時間を割きます。夢や目標を達成するために何をどうすればいいか、学生スポーツの意義とは何かをコーチングしていけば、必然的にスポーツマンシップというものを理解するようになってきます。日大アメフット部の内情をよく知りませんので、あくまでも一般論としてですが、前近代的なスパルタ、間違った根性論がはびこるチームでは、しばしば、こういったメンタルに起因する問題が起きるのです」
日大フェニックスのロゴがある練習用具のカバー=2018年5月17日、東京都世田谷区(吉沢良太撮影)
日大フェニックスのロゴがある練習用具のカバー=2018年5月17日、東京都世田谷区(吉沢良太撮影)
 実は、何十年も前から日本の多くのアメフットの強豪校の指導者たちは、毎年のようにアメリカの名門校などに留学して、戦術だけでなく、コーチング、チームマネジメントから、そのリクルート手法までを学んで持ち帰り、チーム強化につなげてきたという歴史がある。立命大のように、全米の大学に学び、クラブハウスやトレーニング施設などの環境までを整えたチームもある。いわゆるインテリが多く、どちらかと言えば学生アメフット界は、古い体育会系の根性論とは一線を引いてきたという傾向があったのだが……それにもチーム差があったのも事実である。
 
 日大の悪質タックル問題が、なぜ起きたかの原因究明は、あらゆる角度から徹底して行わねばならない。関東学生連盟だけに任せるのでなく、全日本協会のレベルで調査、議論を行う必要があると思う。ひいては、それが、日本の学生スポーツ界が抱えている課題や、悪しき伝統を一掃するための重要な問題提起になるのかもしれない。
(文責・本郷陽一/論スポ、スポーツタイムズ通信社)