『YOUNG MAN(Y.M.C.A)』『激しい恋』『傷だらけのローラ』などのヒット曲で歌謡史に名を刻んだ歌手の西城秀樹さんが5月16日、急性心不全のため死去した。63歳だった。1972年のデビュー以来、ヒット曲を連発した西城さんは芸能界に様々な功績を残した。芸能記者が話す。

「1960年代は、まだ『アイドル』という言葉は現在のような使われ方をしていませんでした。1970年代初頭に小柳ルミ子、天地真理、南沙織の『新三人娘』がブレイクし、『スター誕生!』(日本テレビ系)から山口百恵、森昌子、桜田淳子の『花の中3トリオ』が出現したことで、徐々に『アイドル』という言葉が世間にも普及し始めました。その中で、秀樹さんが果たした役割も大きかった」

 西城さんは1973年5月発売のシングル『情熱の嵐』で初のオリコンベストテン入りし、続く『ちぎれた愛』は初のオリコン1位を獲得。郷ひろみ、野口五郎とともに『新御三家』と呼ばれ、スターダムに駆け上がった。

「当時、アイドルがオリコンベストテンに入ることは至難の業でした。たとえば、城みちるの『イルカに乗った少年』は25位、ずうとるびの『恋があぶない』は13位、太川陽介の『Lui-Lui』は38位が最高位。知名度の高かった彼らでも、オリコンベストテン入りは1度もなし。簡単には破れない難関だったのです」

 意外にも西城さんのオリコン1位は『ちぎれた愛』『愛の十字架』『YOUNG MAN』の3曲のみだが、ベストテンには33曲も送り込んでいる。

「当時のアイドルはデビュー曲が売れても、1年後にどうなるかわからない状態だった。その中で、デビューから11年間オリコンベストテン入りをした秀樹さんは男性アイドルが芸能界で生きて行けることを証明した」

 現在では歌手をデータで評価する場合、オリコンが真っ先に挙げられる。だが、1970年代後半から1980年代にかけては、音楽チャート誌、有線放送、ハガキリクエスト、ラジオチャートの4つを組み合わせて総合得点を算出していた音楽番組『ザ・ベストテン』(TBS系)が最もメジャーなチャートだった。この番組でも、西城さんが残した足跡は大きい。

1981年11月、第12回日本歌謡大賞
「センチメンタルガール」で放送音楽賞を
受賞した西城秀樹さん
「満点である9999点を叩き出した唯一の歌手であることは有名ですが、番組開始の1978年から1985年までの8年連続でランクイン。開始時から数えた場合、最多の連続年数出演になります。同時期の歌手と比べると、沢田研二や郷ひろみの5年(1978~82年)、世良公則&ツイスト、アリスの3年(1978~80年)を大きく上回っている。息の長い歌手だった何よりの証明です。通算ランクイン155回は番組史上6位。1970年代以前デビューの歌手では、秀樹さんが1位です」

 生涯現役にこだわった男は亡くなる1か月前までステージに立ち続けた。

「数年前、ライブを観覧した時、秀樹さんは満足に歩けない状態でした。それでも、ステージ上に作られたスロープを使って、少しでもファンの近くに行こうとする懸命な姿に感銘を受けました。ファンもそんな秀樹さんに惜しみない拍手を送り、ペンライトを振って盛り上がる。ものすごく心温まるステージでした。

 その日のライブには『ヒデキ、感激!』のフレーズで一世を風靡したCM『ハウス バーモントカレー』のハウス食品からも花が届いていました。ライブのMCで、秀樹さんが『(カレーの)甘口はあんまり好きじゃないんだよね。ジャワカレーとかボンカレーのほうが好き』と言うと、会場は爆笑に包まれていました。秀樹さんなりのリップサービスだったんでしょうね」

 亡くなっても、西城さんの残した功績や楽曲は永久に残る。ファンがこれからも歌い継ぐことが最も良い供養になるはずだ。

関連記事