一方で、内田前監督の会見で司会を務めた日大広報部の米倉久邦氏の姿勢についても批判が出ており、適切な対応とは言い難い。米倉氏は「みんな同じ質問、何度も繰り返されても迷惑ですから」「いいですよ、もうしゃべらないでください」などと述べ、記者の質問を遮る場面があった。

 報道陣から同じ質問が繰り返されたことに対して、質疑を遮ったようだが、繰り返し質問することは決して無駄ではない。話術を相当訓練している人でもない限り、1回限りの話で言いたいことをすべてまとめて話すことは困難だからだ。むしろ、人は繰り返し話していく中で、言いたいことがまとまることが多い。

 同じ話題でも話すたびに、言葉の内容に少しずつ誤差や揺らぎが生まれ、この誤差や揺らぎを確認することで、事の本質やその人の考え方の深いところをのぞけることがある。

 そもそも今回の一連の会見は、自分の青春をささげてきたアメフトを「もうやらない」と断言してしまった優秀な選手や、限りある選手生命を治療にあてなければならない被害を受けた選手がいるだけに、世間の注目が集まっていた。

 そんな注目度の高い会見で、日大広報は、内田前監督らに余計なことを言わせないようにしたいという思惑をさらけ出してしまったのである。
日本大学アメリカンフットボール部の内田正人前監督(右)と井上奨コーチ=23日午後、東京都千代田区の日本大学会館(宮崎瑞穂撮影)
日本大学アメリカンフットボール部の内田正人前監督(右)と井上奨コーチ=23日午後、東京都千代田区の日本大学会館(宮崎瑞穂撮影)
 また、今回の会見は、発言内容からも法律上の責任を問われないようにする配慮が随所にあり、弁護士による法的な考察を入れて行われたものであることは間違いない。

 しかし、学校を守るために必要な法的手当をしている一方で、在学生の不安やアメフト関係者、世間からの疑問や批判に対する手当ができていなかったと言わざるを得ない。

 本来、大学は指導者の暴走を収めることのできる「安全弁」であり、学生が信じる指導者の適正性を保証している。そのことを考えれば、時間制限や司会進行についても一歩踏み込んだ会見こそが求められていたはずである。
 
 対照的に、学生側の会見は記者からの疑問にしっかり向き合っていた印象があった。この違いは、今回の会見の意義を、日大経営陣や対応している弁護士がどのように考えていたかをうかがわせる。

 これだけ世間から注目を集め、マスコミ対応が重要な結果をもたらすことが予想できたはずだが、こうした結果を招いた日大経営陣は、今まで保護者や学生の声にどう対応してきたのか疑問を抱かざるを得ない。宮川選手が「危険タックル」という反則行為に出なければならなかった気持ちが分かるような気がする。