(デアゴスティーニ『週刊 栄光の日本海軍パーフェクトファイル』より)

 日本海軍のもっとも大きな勝ち戦は、日露戦争の「日本海海戦」であるだろう。日本海海戦は、戦争の趨勢を決めた戦いであるとともに、その後の日本海軍の運命をも左右することりになり、文字通り「歴史に残る戦い」であった。

 日本陸軍が多大な犠牲を代償としつつも、明治38(1905)年1月1日に旅順を占領した時点で、日露戦争で日本海軍の当初の敵であったロシア太平洋艦隊の撃滅は完了した。

 しかし、これに先立つ明治37年10月、ロシア本国の主力艦隊たるバルト海艦隊(日本側呼称・バルチック艦隊)の艦で構成されるロシア第二太平洋艦隊が、第一太平洋艦隊の苦境を救うために極東に向けて進発していた。同艦隊は第一太平洋艦隊潰滅後も、極東水域の制海権奪還、それによる満州方面での陸戦の戦局の好転を図らんとして、極東へと進み続けた。

 このため連合艦隊は、旅順封鎖終了後に予定通りバルチック艦隊迎撃態勢を整え始める。約3カ月間に渡って猛訓練に励み、艦隊各艦の砲戦及び水雷戦の技量を大きく向上させて、バルチック艦隊を迎え撃つこととなる。

 極東地区に唯一残ったロシアの艦隊根拠地だったウラジオストクを目指すロシア艦隊の航路は、対馬海峡から日本海を北上するか、太平洋へ廻って津軽海峡か宗谷海峡を経由する三つの航路が予測されていた。連合艦隊司令部はこの中で対馬海峡経由が一番公算が高いと判断していたが、対馬海峡への到達予測日になってもロシア艦隊は現れなかった。

 このため一時は基地としていた鎮海湾(一部は対馬)から、津軽・宗谷の両海峡突破を考慮した地点への移動も考えられた。しかし東郷平八郎司令長官の決断により、連合艦隊はロシア艦隊を現地点で待ち続けた。

 明治38年5月27日払暁、済州島付近の哨区を哨戒中だった仮装巡洋艦「信濃丸」がバルチック艦隊を発見、「敵艦隊見ユ 二〇三地点 信濃丸」との報を発したのは午前4時45分のことだった。

 「敵艦隊(対馬海峡)東水道ヲ通過セントスルモノノ如く見ユ」との信濃丸からの続報が着伝した5分後の午前6時、旗艦「三笠」より全艦隊に出撃命令が出され、連合艦隊は、日露戦争の行く末を決する艦隊決戦に向かって、勇躍出動していった。連合艦隊がバルチック艦隊を視界に捉えたのは、午後1時39分のことだった(この時の敵艦隊との距離は約13キロ)。
神奈川県横須賀市に保存、展示されている戦艦三笠
神奈川県横須賀市に保存、展示されている戦艦三笠
 「皇国ノ興廃ハコノ一戦ニ在リ各員一層奮励努力セヨ」を意味するZ旗が旗艦三笠に掲げられた7分後の午後2時には、ロシア艦隊の北方にあった日本艦隊は西南西に、ロシア艦隊は日本艦隊に反航する形で北東に向かいつつあった。