小林信也(作家、スポーツライター)

 男子ゴルフの国内ツアーで5度の賞金王に輝き、通算31勝をマークしている片山晋呉が、5月30日のプロアマ戦で一緒に回った招待客を激怒させ、「その人が途中でラウンドをやめて帰った」というニュースが大きく報じられた。

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)の青木功会長はこの問題を把握後、速やかに「極めて深刻であると受け止めている」とコメント。JGTOは野村修也理事と外部弁護士からなる調査委員会を設置し、今月中に懲戒・制裁委員会を開いて処分内容を決定すると公表した。また、報道によると、片山は招待客に直接謝罪したという。

 片山といえば、国内では2000年に初の賞金王となり、04年から3年連続賞金王に就いたほか、01年の全米プロ選手権で4位タイ、09年マスターズで4位に入るなど、世界の舞台でも実績のある「日本を代表するプロゴルファー」の一人だ。通算25勝で得られる永久シード権を持っている史上7人目の選手でもある。

 いったいあの日、プロアマ戦で何があったのか。複数の報道を総合すると、JGTO主催の国内メジャー「日本ツアー選手権森ビル杯」開幕前日に行われたプロアマ戦の最中、スタートの13番ホールを終えた時点で、前のホールが詰まっていたため、片山は13番グリーンでパッティング練習を続けた。

 片山と一緒に14番に向かおうとした招待客の男性が、来るように促したものの、片山は「まだ前が詰まっているじゃないですか」などと発言し、応じなかった。片山の行動が男性の逆鱗(げきりん)に触れ、その場でラウンドを止めてクラブハウスに引き揚げ、JGTOに通告したのである。

 この同伴者は、プロアマで片山とのラウンドを希望し、願いがかなってプレーしていたという。それだけに期待が大きく、期待を裏切られたため憤りも深かったのだろう。

2018年4月、パナソニックオープン3日目、
16番でパーセーブしポーズを決める片山晋呉=茨木CC(岡田茂撮影)
 翌日に試合初日を控えるプロが、プロアマの途中でグリーンの状態やボールの転がりを確認すること自体は、ごく普通の行動だ。だが、同伴者がプロと一緒に気持ちよくプレーできるように務めたり、同伴者が望めばワンポイントアドバイスを送るなど、同伴者に対するホスピタリティーが求められる場でもある。

 JGTO発足時に定めた準則にも「プロアマトーナメントで同伴アマチュアに不適切な対応をしたり、不快感を与えるような態度をしてはならない」と明記されている。また、16年に就任した青木会長が男子ツアーの人気回復のためプロアマ戦を重視する方針を強く打ち出し、選手会長の石川遼副会長もファンサービス強化を打ち出した直後の出来事だった。

 つまり、同伴者をそっちのけにし、自分のプレーにばかり集中するのはマナー違反だという認識は「現在のプロなら共有している」という前提があるだけに、片山が非難されているのだ。